北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

余剰ワクチン214人分廃棄へ 職域、キャンセル相次ぎ【音更】

町商工会で保管している3回目の職域接種で使用するモデルナ社製のワクチン

 音更町商工会(山本英明会長、会員642事業所)が実施している新型コロナウイルスワクチンの3回目の職域接種で、余剰となったワクチンの廃棄処分が決定的となった。キャンセルが相次ぎ、再募集も低調に終わったため。

 町商工会によると、会員やその家族、従業員らを対象に、13日を申し込み期限に接種希望者を再募集(150人分)したが、新たに23人の応募にとどまった。 町商工会の職域接種は複合施設「プロスパ6」(大通6)を会場に、3月19日に開始した。同月は計4日間で671人が接種。今月は23、24両日に実施予定で、再募集分を含め315人が予約している。

 2回目接種後、半年以上経過した18歳以上を対象に、2回目までと同じくモデルナ社製のワクチンを使用。1月末時点では1225人が希望していた。これを受けて国から2月下旬と今月8日に1200人分のワクチン供給を受けたが、キャンセルが相次いだため150人分を再募集した。

 キャンセルの主な理由は、在住する自治体で職域よりも早く接種できたことや、副反応への不安、接種後の効果の不透明さなどがある。14日時点で214人分が供給過剰の状態にある。

 町商工会では、国の指針に従って「廃棄処分することになる」としている。ワクチンの使用期限は約半年後の10月25日まであるが、3回目の職域接種の最終回となる24日以降、速やかに廃棄処分する。町商工会は「4回目の接種があるのであれば、そちらに回すような手立てを考えてくれれば…」と肩を落としている。

関連記事

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...