北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

余剰ワクチン214人分廃棄へ 職域、キャンセル相次ぎ【音更】

町商工会で保管している3回目の職域接種で使用するモデルナ社製のワクチン

 音更町商工会(山本英明会長、会員642事業所)が実施している新型コロナウイルスワクチンの3回目の職域接種で、余剰となったワクチンの廃棄処分が決定的となった。キャンセルが相次ぎ、再募集も低調に終わったため。

 町商工会によると、会員やその家族、従業員らを対象に、13日を申し込み期限に接種希望者を再募集(150人分)したが、新たに23人の応募にとどまった。 町商工会の職域接種は複合施設「プロスパ6」(大通6)を会場に、3月19日に開始した。同月は計4日間で671人が接種。今月は23、24両日に実施予定で、再募集分を含め315人が予約している。

 2回目接種後、半年以上経過した18歳以上を対象に、2回目までと同じくモデルナ社製のワクチンを使用。1月末時点では1225人が希望していた。これを受けて国から2月下旬と今月8日に1200人分のワクチン供給を受けたが、キャンセルが相次いだため150人分を再募集した。

 キャンセルの主な理由は、在住する自治体で職域よりも早く接種できたことや、副反応への不安、接種後の効果の不透明さなどがある。14日時点で214人分が供給過剰の状態にある。

 町商工会では、国の指針に従って「廃棄処分することになる」としている。ワクチンの使用期限は約半年後の10月25日まであるが、3回目の職域接種の最終回となる24日以降、速やかに廃棄処分する。町商工会は「4回目の接種があるのであれば、そちらに回すような手立てを考えてくれれば…」と肩を落としている。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス