北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

なっきさん作「カックー」が縄文PRに活躍 グッズ多彩に【函館】

カックーの認知度が高まっているようでうれしいと話す、なっきさん

 函館市のイラストレーター、なっき45さん=本名・岩川梨紗さん=(34)が生み出した、縄文DOHNANプロジェクトのオリジナルキャラクター「カックー」が、昨夏に世界文化遺産登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」のPRに一役買っている。グッズは50種を超え、道南の市町や企業に設置するご当地パネルも着々と増加、縄文の歴史を紹介する紙芝居にも採用され、認知度も高まった。なっきさんは「長く愛される存在になってくれれば」と期待する。

 なっきさんは、函館市出身。幼少期から絵を描くことが好きで、高校卒業後は自作の漫画製作のほか、イラストレーターとしても活動し、広告媒体や個人依頼などを請け負う。

 縄文PRに力を入れる同プロジェクトの山田かおり代表とは知り合いで、プロジェクト立ち上げ当時からメンバーに加入。市内のイベント準備の際に山田代表から中空土偶を模したキャラクターを依頼され、わずか数分で描き上げたのが「カックー」だった。

 現在は友達キャラクターとして「カメちゃん」「トーヤくん」も誕生した。当初はラインスタンプから始まり、Tシャツやトートバッグ、珍味のパッケージなど多彩なグッズを展開。各市町の名物とコラボレーションした「ご当地カックー」のパネルも人気で、多言語化されている紙芝居も、縄文の魅力周知に一役買っている。

 すぐに採用されると思っていなかったといい、「もう少し時間を掛ければよかったと思うこともあるが、子どもにも受け入れやすいよう工夫はした」と振り返る。SNS上でも反応が良いといい「応援してくれる人たちの存在がありがたい」と笑顔。新型コロナウイルス感染拡大の影響で目立ったPRができない中、なっきさんは「自分も縄文を知って作品の幅が広がった。少しでもカックーがきっかけになって縄文を知ってもらえればうれしい」と話す。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス