北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

星野道夫さんの歩んだ道について語る直子さん

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風景をたどって」と題して語り、約70人が耳を傾けた。

 道夫さんは1952年に千葉県で生まれ、大学生の時に米国アラスカ州のシシュマレフ村を訪問したことをきっかけに、写真家の道を選び、アラスカへ渡った。アラスカの動植物や自然、人々の営みなどを撮影し、96年にテレビ番組の取材同行中にロシア・カムチャツカ半島でヒグマに襲われて急逝した。

 星野道夫事務所の代表を務める直子さんは、道夫さんが撮影した写真をスクリーンに映しながらその足跡をたどった。被写体としてカリブー(トナカイ)が大きなテーマだったとし、「生態を追うのではなく、カリブーという存在がアラスカの象徴的な生命の糸のような大切な核として見ながら撮影していた」と語った。晩年は森と氷河とクジラをテーマにしていたと話した。

 「慌ただしい人間の日々の営みと平行してもう一つの時間が流れていることをいつも心のどこかで感じていたい」という道夫さんの言葉を紹介し、「日常の時間とは別に流れるもう一つの時間を、悠久の時の流れを感じながら、皆さんと一緒に旅できるような機会になればうれしい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス