北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

黒ブドウを白ワインに 十勝初の商品化 まきばの家【池田】

 池田町清見の「十勝まきばの家ワイナリー」は4月1日、白ワインの新商品「清見ブラン」を発売する。「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる黒ブドウ100%による白ワインは珍しく、商品化は十勝のワイナリーでは初めてになる。

完成した「清見ブラン」を手にする中林さん(右)。左は林会長

 同ワイナリーは「大地」(本社帯広、林秀康会長)が運営。寒冷地では白ブドウの栽培が難しいが、十勝で本格的な白ワインを造るという林会長の思いで、黒ブドウの清見種を使って醸造した。

 黒ブドウの実だけを使えば白ワインができるものの、皮を除くなどコストがかかって価格帯が上がる。清見ブランは清見種のフリーラン果汁(ブドウを破砕した時に自然に流れ出す果汁)を中心にブドウ全体を使い、発酵前の果汁の段階で細やかなろ過作業を行うことで白に近づけ、価格も抑えた。

 完成した「清見ブラン」はほんのり桜色で、醸造責任者の中林司さんは「来年はもっと白くしたい」と意気込む。すがすがしい辛口が特徴で、林会長は「刺し身やすしに絶対に合う」と自信を見せる。ラベルには池田から眺める日高山脈のシルエットがデザインされている。

 今後も清見を使った新商品が登場予定で「一つのブドウからいろいろな味のワインを造れるのは造り手の楽しみ」と中林さん。

 清見ブランは750ミリリットル3300円、375ミリリットル1810円。十勝まきばの家ワインショップと同オンラインショップのほか、帯広市内の久楽屋、ワインプラザカワイ、音更町内のハピオなどでも販売予定。

関連記事

室蘭民報

市橋さん考案「室蘭チップス」最優秀賞、地元海産物応援レシピ審査結果【室蘭】

 室蘭商工会議所、室蘭漁業協同組合が地元水産業の活性化に向けて実施した、料理レシピの審査結果がまとまった。最優秀賞には市橋麻子さんが考案した、季節の魚と野菜などに衣をつけてふんわり揚げた「室蘭チ...

室蘭民報

一口で食べる幸せ 「おいしいまんじゅうミニ」新発売、わかさいも本舗【洞爺..

 わかさいも本舗(本社・洞爺湖町)は、人気商品「おいしいまんじゅう」のミニサイズ版「おいしいまんじゅうミニ」を新発売した。同社は「『一口で食べる幸せ』をお楽しみください」とPRしている。  2...

十勝毎日新聞

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

十勝毎日新聞

こだわりコーヒー「商」学校で提供中 グリーンファイブ【帯広】

 コーヒー豆販売の「グリーンファイブコーヒー」(帯広市、鈴木孝直代表)は19日まで、帯広広小路内の帯広まちなか「商」学校(西2南8)に出店し、コーヒーを提供している。  同社は自家焙煎(ばい...

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス