北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

町内産落花生、道産小麦でドーナツ 「メランジェラボ」25日オープン【芽室】

 落花生といった芽室町特産の食材などをふんだんに使ったフィナンシェドーナツをテークアウトで販売する菓子店「Melanger Labo.(メランジェラボ)」が25日、芽室町内の三浦商店(三浦洋光、三浦啓太郎共同代表)の事務所前(東1ノ2)に開店する。啓太郎代表は「町の農業と商業が連携した取り組みを民間でできたことはうれしい」と話し、来店を呼び掛けている。

芽室の商農が連携し、完成したドーナツをPRする(右から)三浦啓太郎代表と藤井代表

 菓子店は同社の新事業。店名の「メランジェ」とはフランス語で「混ぜ合わせる」を意味し、啓太郎代表は「農業の町である芽室だからこそ、農家との連携が実現できる箱をつくりたい」と菓子店を計画してきた。今回は、町内事業者を対象とした町の「新分野進出等支援補助金」を活用し、事業を展開する。

 同店が提供するのは「フィナンシェドーナツ」。一般的なドーナツより、バターを多く使い、しっとりとした食感が特徴。材料のアーモンドプードルの代替に芽室産落花生からできた「ピーナツパウダー」を使用したことで、一気に芽室らしい商品になった。

 啓太郎代表は農家との連携を模索する中で、町内落花生生産者で「メムロピーナッツ」(藤井信二代表)に協力を依頼。町内の飲食店「カルム」が監修した。

 売り出すフィナンシェドーナツはプレーン(320円)、チョコ、ホワイトチョコ(350円)の3種類。商品開発から協力する藤井代表(41)は「芽室産の落花生、道産の小麦、酪農家のバターを使用しており、農家を応援する思いが結集した商品」と強調する。

 また調理を担当するのはいずれも子育て中の、町内農家の白川実栄さん(41)と帯広市の会社員小谷みのりさん(33)。「子育て中のお母さんたちも挑戦できる環境づくり」も同店が目指す姿だといい、2人は「自分の夢がふくらんだ」と笑顔で調理場に立つ。

 同店は移住・定住促進のきっかけづくりも目指している。啓太郎代表は「芽室で働く環境づくりを進めたい」とし、今後はイートインのできるスペース設置も目指すという。

 営業は月、火、金、土曜日の午前11時~午後2時。25日は60個を目安に販売する予定。詳細は同店のインスタグラムへ。

関連記事

室蘭民報

市橋さん考案「室蘭チップス」最優秀賞、地元海産物応援レシピ審査結果【室蘭】

 室蘭商工会議所、室蘭漁業協同組合が地元水産業の活性化に向けて実施した、料理レシピの審査結果がまとまった。最優秀賞には市橋麻子さんが考案した、季節の魚と野菜などに衣をつけてふんわり揚げた「室蘭チ...

室蘭民報

一口で食べる幸せ 「おいしいまんじゅうミニ」新発売、わかさいも本舗【洞爺..

 わかさいも本舗(本社・洞爺湖町)は、人気商品「おいしいまんじゅう」のミニサイズ版「おいしいまんじゅうミニ」を新発売した。同社は「『一口で食べる幸せ』をお楽しみください」とPRしている。  2...

十勝毎日新聞

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

十勝毎日新聞

こだわりコーヒー「商」学校で提供中 グリーンファイブ【帯広】

 コーヒー豆販売の「グリーンファイブコーヒー」(帯広市、鈴木孝直代表)は19日まで、帯広広小路内の帯広まちなか「商」学校(西2南8)に出店し、コーヒーを提供している。  同社は自家焙煎(ばい...

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス