北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ゆめの豆腐」開発 士幌高生と日向醗酵食品 ハピオ木野で販売会【士幌・音更】

出来上がった豆腐を手にする(前列左から)濱田彩香さん、鈴木さん、(後列左から)森下音羽さん、小嶋陽人さん、柴田さん

 士幌高校(齋藤讓一校長、生徒107人)の畑作専攻班(柴田煌士班長、班員5人)が老舗納豆メーカー・ヤマイチ日向醗酵食品(本社帯広市)と共同で「ゆめの豆腐」を開発した。絹ごしと木綿の2種類で、生徒たちは「たくさんの人に食べてもらい、士幌高校を知ってもらえれば」と話している。16日に午前10時から、音更町内のスーパー・ハピオの入り口前で販売会を予定している。

 同校と同社は、昨年2月から共同開発の話し合いを開始。秋に同校が収穫した大豆を使用して、今年2月に試作品ができ、今月完成した。

 畑作専攻班の生徒たちが農業に取り組む思いを商品名に表現したいと、名前に「夢」を入れることを提案。パッケージとロゴマークは生徒がデザインし、絹と木綿の文字を大きく取り入れ、同校の校章も入れた。

甘みと風味上品

士幌高で採れた大豆で開発した木綿豆腐と絹ごし豆腐

 同校で育てた大豆を使い、木綿豆腐は濃厚な味わいでのどごしが良い。一方で絹ごし豆腐はクリーミーで滑らか。いずれも大豆の甘みと風味を上品に保っているのも特徴だ。両方とも320グラムで価格は200円。

 柴田班長(2年)は「木綿も絹ごしも後味がしっかりしている。育てた大豆で新しい商品ができてうれしい」と喜び、鈴木健心さん(同)は「コラボ商品として、一個でも多く売れてくれたら」と来場を呼び掛けている。問い合わせは同校(01564・5・3121)へ。

関連記事

室蘭民報

市橋さん考案「室蘭チップス」最優秀賞、地元海産物応援レシピ審査結果【室蘭】

 室蘭商工会議所、室蘭漁業協同組合が地元水産業の活性化に向けて実施した、料理レシピの審査結果がまとまった。最優秀賞には市橋麻子さんが考案した、季節の魚と野菜などに衣をつけてふんわり揚げた「室蘭チ...

室蘭民報

一口で食べる幸せ 「おいしいまんじゅうミニ」新発売、わかさいも本舗【洞爺..

 わかさいも本舗(本社・洞爺湖町)は、人気商品「おいしいまんじゅう」のミニサイズ版「おいしいまんじゅうミニ」を新発売した。同社は「『一口で食べる幸せ』をお楽しみください」とPRしている。  2...

十勝毎日新聞

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

十勝毎日新聞

こだわりコーヒー「商」学校で提供中 グリーンファイブ【帯広】

 コーヒー豆販売の「グリーンファイブコーヒー」(帯広市、鈴木孝直代表)は19日まで、帯広広小路内の帯広まちなか「商」学校(西2南8)に出店し、コーヒーを提供している。  同社は自家焙煎(ばい...

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス