北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢のカレーと豊頃町産の豆を使った“カレーのお供”を提供する。百貨店の催事担当を務めていた高橋さんの経験と人脈を生かし、豊頃の味を広く発信する。

豊頃町産の豆を手にイベントをPRする高橋さん(中央)。右は真里奈さん、左は遠藤さん

 高橋さんは兵庫県出身、帯広畜産大学卒。昨年4月、妻の真里奈さん(36)とともに町地域おこし協力隊に着任した。高橋さんは阪神梅田本店を運営する阪神阪急百貨店で11年間、催事を担当。阪急うめだ本店で企画した「カレーとカレーのためのうつわ展」は大人気となった。

 カレーによる町おこしを掲げ、昨年の「とよころ産業まつり」では、カレー研究家水野仁輔さん(東京)と町内の中学生とともに「和牛と小豆の最強ビーフカレー」を開発・販売した。

 今回企画した催事は「移住した北海道からカレーで町おこし 豊頃町でカレー一揆」-。老舗の「デリー」(東京)、「欧風カレー カヴィアル」(同)、「スープカレーらっきょ」(札幌)など6店が出店する。

 出店に際しては(1)定番メニューを提供する(2)それをおいしく食べるための豊頃町産の豆を使ったスパイス料理の開発-を条件とした。各店が大豆や光黒黒豆を使った「ナムキーン」(インドのスナック)、大豆の「ファラフェル」(コロッケ)、大豆や黒豆、金時豆を使ったスパイス炒めなど個性あふれる豆料理を完成させた。レシピも公開する。

 10年前に豊頃に移住し、町内で豆などを栽培する遠藤亘さん(38)も催事に参加。「豊頃は加工品が少ない。高橋さんのプロデュースで生産品をPRできるチャンス」と期待を寄せる。

 会場では豊頃町の豆や厳選したレトルトカレーの販売、カレーにまつわるさまざまな商品も登場する。高橋さんは「カレーは1次産業を魅力的に伝える特別な料理。甘くてこくがある豊頃の豆のファンになってもらうきっかけを作りたい」と意気込んでいる。

関連記事

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

名寄新聞

フレッシュな味わい楽しんで・純米吟醸「名寄きたしずく」数量限定で販売【名..

 名寄産の酒米「きたしずく」を100%使用した純米吟醸「名寄きたしずく」の生酒(製造元・上川大雪酒造)が、11日から名寄市内限定(480本限定)で販売される。同酒を卸している丸徳木賀商店(木賀義...

十勝毎日新聞

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動【帯広】

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

室蘭民報

4月25日は「室蘭カレーラーメンの日」 全国で初「記念日」登録認定【室蘭】

会発足から18年、一層の普及期待  室蘭カレーラーメンの会(小柳富資会長)は、会発足総会の4月25日を「室蘭カレーラーメンの日」として日本記念日協会(長野県)に記念日登録を申請し、認定された。カ...

室蘭民報

「龍が如く納豆」限定販売 内藤食品工業、人気ゲームとタイアップ【室蘭】

 納豆製造の内藤食品工業(室蘭市御前水町、内藤孝幸代表取締役)が、セガの人気ゲーム『龍が如く8』とタイアップした商品「おらが街納豆『龍が如く8』バージョン」を発売している。ゲームのパッケージデザ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス