北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

豆まつり完全復活 即売会に加え縁日、抽選も 3月3日開催【帯広】

 日本一の豆類生産地である十勝をアピールする「第40回豆まつり」が3月3日、帯広市内のとかちプラザで開催される。今年は縁日や抽選会などコロナ前以来となるイベント類をほぼ復活させる。実行委員会の舩戸良容実行委員長(舩戸雑穀社長)は「今年は品質が厳しい豆類が少なくないが、いい品を集め提供したい」と張り切っている。

法被を着てまつりをPRする実行委員会のメンバー(前列中央が舩戸委員長)

 昨年は4年ぶりに開催したが、豆の即売会だけだった。今年は大納言や金時、小豆、音更大振袖大豆など9種を即売会用に用意。「ひな祭り」に当たることから、十勝産小豆使用の和菓子の限定配布も予定。また、「豆縁日」と銘打ち、パチンコ射的や豆の貼り絵、塗り絵、豆雑貨作り体験などを展開する。

 物産展コーナーでは十勝ヒルズ(幕別)や渋谷醸造(本別)などが出展。購入者対象に外れなしの抽選会(先着400人)を実施、500円で三角くじ1枚がもらえ、十勝の物産などが当たる。豆料理教室も5年ぶりに復活する。

 開催時間は午前10時~午後1時。実行委員会は雑穀会社などで構成。今年はコロナ前(2018年・約2500人)に迫る約2000人の来場を見込んでいる。

豆料理教室の受講者を募集

当日作る予定のメニューをPRする栂安さん

 豆まつり実行委員会では、3月3日に会場で行う「豆料理教室」の受講者を今月20日午前9時半から募集する。先着30人。

 テーマは「豆保存食は災害時の味方、たんぽく源を忘れずに」。講師は料理研究家の栂安信子さん(帯広)。「大豆のバルサミコ酢つくだ煮」「黒豆しょうゆ漬けご飯」「大福豆と米粉ホワイトシチュー」など。 時間は午前10時~午後0時半。参加無料。申し込み、問い合わせは実行委事務局の帯広商工会議所(0155・67・7381)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

僧侶カフェで心軽くして 宮大工企画、宗派超え25日【帯広】

 十勝管内の宮大工と僧侶によるイベント「僧侶カフェ」が25日、帯広市西1南9のカフェバー・チルで開かれる。僧侶との対話を通して心が軽くなるような穏やかな時間を過ごしてもらい、仏教や寺院、僧侶を...

室蘭民報

笑いとスリル満点、春の新演目 時代村、忍者やニャンまげ奮闘【登別】

 登別伊達時代村(登別市中登別町)の2024年「春の新演目」が決まった。今月1日からは大江戸劇場で、マスコットキャラクター・ニャンまげの時代劇コメディーが上演されている。  時代劇コメディー「...

室蘭民報

7月に全国温泉サミット 虎杖浜で開催、初の対外的なイベント企画【白老】

 日本源泉かけ流し温泉協会全国温泉サミットin虎杖浜温泉が7月7~9日、白老町虎杖浜の虎杖浜温泉ホテルで開かれる。7日には初の対外的なイベントを企画している。  同イベントは、全国9地区の温泉...

室蘭民報

5年ぶり「やるよ」わしべつ川沿い桜まつり 5月18・19日、出店者募る【..

 室蘭・わしべつ川沿い桜まつり実行委員会(実行委員長・八木橋敏東明地区連合町会会長)は、2019年以来5年ぶりとなる「わしべつ川沿い桜まつり」の開催を決めた。5月18、19の両日、高砂3丁目公園...

室蘭民報

ムックリの魅力伝える ウポポイで講演、国際口琴大会出場者が演奏【白老】

 白老町若草町のウポポイ(民族共生象徴空間)は、アイヌ民族の伝統的な楽器ムックリをテーマにしたイベントをウポポイで開き、講演や演奏などを通して魅力を伝えた。  特定のテーマに絞ったイベントを開...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス