北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

町産の小麦&トマトでピザ ふるさと納税返礼品に商品化【本別】

 本別町のふるさと納税返礼品として、本別産の小麦やトマトなどを活用した冷凍ピザが、1日から取り扱われている。ふるさと納税運営サポートを手掛けるローカル(熊本市)が商品化した。商品名は「通のご当地PIZZA 北海道マルゲリータ」。直径約20センチの3枚入り(8000円)、4枚入り(1万円)と、返礼品としては求めやすい価格帯でそろえた。

本別産食材にこだわったふるさと納税返礼品用の高級ピザをPRするローカル取締役の長尾匡展さん(右)と前田社長

 大手チェーンのピザを製造する佐勇(東京)の山形工場と共同開発した。

 町内栄町で農薬や化学肥料に頼らず、発酵肥料などにこだわった「ぜいたくトマト」を栽培している各務重男さんのトマトに、イタリア産トマトと組み合わせた濃厚ソースで上質な甘みを際立たせた。

 ピザ生地に適した小麦粉は、前田農産食品(弥生町、前田茂雄社長)の香ばしい風味が立つ品種「春よ恋」を使用。生地の製法も低温長時間発酵で、機械を使わずに手作業で一枚ずつ丁寧に伸ばした。

 これらにモッツァレラとグラナパダーノのこだわりチーズ、高品質なエキストラバージン・オリーブオイルやバジルの葉で一流ピザ専門店の味に仕上げた。化学調味料や保存料を一切使用してないのも特徴。

 ローカルは2008年に設立。中核のEC(電子商取引)事業と熊本の製造拠点を持つ強みを生かし、ふるさと納税サポートを全国29自治体と行う。地域性を重視した高付加価値の商品開発を得意とし、道内では初進出の本別町を含む3自治体で500以上の返礼品を手掛けている。

 ローカル北海道・東北事業部リーダーの生田目(なまため)哲弥さんは「食の製造小売業として本別産の返礼品を強化し、本別の知名度向上に貢献していきたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス