北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

町産の小麦&トマトでピザ ふるさと納税返礼品に商品化【本別】

 本別町のふるさと納税返礼品として、本別産の小麦やトマトなどを活用した冷凍ピザが、1日から取り扱われている。ふるさと納税運営サポートを手掛けるローカル(熊本市)が商品化した。商品名は「通のご当地PIZZA 北海道マルゲリータ」。直径約20センチの3枚入り(8000円)、4枚入り(1万円)と、返礼品としては求めやすい価格帯でそろえた。

本別産食材にこだわったふるさと納税返礼品用の高級ピザをPRするローカル取締役の長尾匡展さん(右)と前田社長

 大手チェーンのピザを製造する佐勇(東京)の山形工場と共同開発した。

 町内栄町で農薬や化学肥料に頼らず、発酵肥料などにこだわった「ぜいたくトマト」を栽培している各務重男さんのトマトに、イタリア産トマトと組み合わせた濃厚ソースで上質な甘みを際立たせた。

 ピザ生地に適した小麦粉は、前田農産食品(弥生町、前田茂雄社長)の香ばしい風味が立つ品種「春よ恋」を使用。生地の製法も低温長時間発酵で、機械を使わずに手作業で一枚ずつ丁寧に伸ばした。

 これらにモッツァレラとグラナパダーノのこだわりチーズ、高品質なエキストラバージン・オリーブオイルやバジルの葉で一流ピザ専門店の味に仕上げた。化学調味料や保存料を一切使用してないのも特徴。

 ローカルは2008年に設立。中核のEC(電子商取引)事業と熊本の製造拠点を持つ強みを生かし、ふるさと納税サポートを全国29自治体と行う。地域性を重視した高付加価値の商品開発を得意とし、道内では初進出の本別町を含む3自治体で500以上の返礼品を手掛けている。

 ローカル北海道・東北事業部リーダーの生田目(なまため)哲弥さんは「食の製造小売業として本別産の返礼品を強化し、本別の知名度向上に貢献していきたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」 ファン広がる【広尾】

 広尾町内の飲食店「鮨正」が、金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」(750円)を提供し、評判を呼んでいる。1週間仕込んだ本格カレーを、すしシャリ(酢飯)で味わうのが特徴。店主の新谷要一さん...

室蘭民報

絶品ビーフシチュー、創業からのレシピで 登別グランドホテル、カフェ「ユー..

 登別グランドホテル(登別市登別温泉町、中牧昇一代表取締役社長)でカフェ「ユーカラ」が8日にオープンした。同店独自のブレンドコーヒーのほか、ホテル特製のビーフシチューやだし巻き卵を使用したメニュ...

室蘭民報

酔ってけ寄ってけ、浜町大入り ビール最高、夏日満喫【室蘭】

 室蘭中央飲食店組合(波多野光則組合長)主催の「酔ってけ浜町チャリティービアフェスタ」が11日から、室蘭市中央町アーケードで始まり、来場者たちがビールを片手に暑さをしのぎ、まちを活気づけた。 ...

室蘭民報

毛ガニ漁解禁、胆振太平洋海域 初日水揚げ1.5倍、登別漁港【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市-むかわ町)の毛ガニかご漁が10日解禁され、11日朝に登別漁港(登別市登別港町)で前年初日約3千キロから1・5倍となる約4600キロが水揚げされ、好調なスタートを切った。...

十勝毎日新聞

福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減【帯広】

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス