北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自信のリンゴ酒 道の駅で販売 ひだまりファーム【足寄】

 足寄町螺湾の農業生産法人「足寄ひだまりファーム」(沼田正俊代表)が1日、自社の果樹園で育てたリンゴを初めて使った発泡性果実酒(シードル)の販売を開始した。沼田代表は「自信を持っておすすめできるものが完成した」と喜ぶ。

自社の果樹園で初めて収穫したリンゴを使用したシードルをPRする沼田代表

 同ファームは2020年にシードル事業を開始し、リンゴの栽培も行ってた。

 昨年は後志管内余市町や長野県から仕入れたリンゴでシードルを初めて販売した一方で、初年度に自社の果樹園に植えたシナノゴールドとシナノスイート計340キロも初めて収穫。これを昨年10月、選果と洗浄をして専用の遠心破砕器で粉砕し、油圧プレス機にかけて搾汁した。約220リットルをタンクに入れ、ワイン酵母などを使って1カ月ほど発酵させた。

 足寄産リンゴ酒の商品名は、「0(ゼロ)UNIQUE(ユニーク)」。辛口と中口の2種類で、330ミリリットル(1100円)635本が完成し、道の駅あしょろ銀河ホール21などの店頭に並ぶ。

 リンゴ酒以外にも町内の農園で収穫した果実を掛け合わせ、その果物の特徴を出した果実酒も販売する。ラズベリーを使用した「02 LASPBERRY」と、マルメロとの「04 MAEMELO」を売り出し、今後は順次ハスカップやカシスも提供予定。

 ほかにも道内外のリンゴで仕込んだ「00 COMMON(コモン)」やビール酵母で発酵した「00 ALE(エール)」なども進めている。

 道の駅のほか、同ファーム運営の「カフェ・デ・カミーノ」(町螺湾93)、醸造所「BLANK HARD CIDER WORKS(ブランク・ハードサイダー・ワークス)」(町北1)などで販売する。

 問い合わせはEメール(info@blank-hardcider.com)で。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス