北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コラボ3品 13日発売 満寿屋×「インデアン」藤森商会【帯広】

 カレーショップ「インデアン」を展開する藤森商会(帯広市、藤森康容社長)と、パン製造・販売の満寿屋商店(同、杉山雅則社長)は、試験販売していたコラボ商品3種類を2月13日から約1カ月間限定で本販売する。

コラボ商品をPRする開発担当者と杉山社長(前列左)、藤森社長(同右)ら

 コラボ商品開発は、まちなかの活性化と若手社員の育成が目的。昨年7月から月1度、勉強会・試作会を開き、商品開発の知識からマーケティング、アイデア出しなどに若手社員が携わった。

 今月22~28日には試作品3品を試験発売。アンケート結果などを受けて改良を加えた。開発に関わった満寿屋商店みちます(音更町)の八橋舞店長(24)は、「地元に根付いた企業とのコラボなので、(カレーとパンの両方に)満足できるものを食べてほしいと思って試作を重ねた」と試行錯誤を語った。開発を見守ったインデアン西21条店の山田久詞店長(47)は「回数を重ねる中で、若手社員は自分の意見を積極的に言えるようになった」と成長を実感した。

 本発売するのは、インデアンのトッピングとして、満寿屋の「白スパサンド」を揚げた「パンカツ白スパ&チーズ」(220円)。パンにソーセージとインデアンルーをはさんだ「クリチーカレードッグ」(360円)、デニッシュにカレーやカツなどを載せた「カツカレーパン」(360円)。試験販売時のアンケートを参考に、パンカツはサイズを倍に、カレードッグとカレーパンはベーシックルーからインデアンルーに切り替えた。

13日から発売する新商品

 3月10日まで販売。終了後は、収益性なども若手社員を交えて検証し、春以降にさらなる商品開発、イベント企画など連携を進めたい考え。杉山社長は「地域を元気にするような企画を進められれば」、藤森社長は「企画を通して若手社員にさらに成長してほしい」と期待した。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス