北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

店頭飾る障害者作品「フォトストリート」 電信通り商店街【帯広】

作品展示イベントを機に商店街への来訪を呼び掛ける清野代表(右)

 帯広電信通り商店街振興組合(長谷渉理事長)は2月17日まで、障害者就労支援事業所が作成した作品を商店街内に展示するイベント「フォトストリート電信&電信通りのお店がギャラリー」を行う。同商店街が今年度取り組んでいるフォトストリート事業の一環。街の回遊性を高めるのと同時に、商店街のコンセプト「お年寄り・障がいのある人と協働・共生する商店街」の実現を目指す。

 フォトストリート事業は中小企業庁の2022年度「面的地域価値の向上・消費創出事業」の採択を受けて行っている事業で、昨年7月には街区内に帯広の開拓期から昭和にかけての写真パネルを21カ所に掲示した。回遊につなげるため、パネル展示を活用したイベントを計3回企画。

 今回は最終となる第3弾で、同商店街内の就労継続支援施設「AMUAi(アムアイ)」(清野竜仁代表)通所者の作品を全17店で展示する。作品は絵画や革製品、木工品、小物など約50点。清野代表は「作品を通して、福祉と電信通の活動への理解度を深めてもらいたい」と話している。

 同商店街は今後もパネルを活用したイベントを独自で企画していきたい考えで、長谷理事長(76)は「パネルも1年ごとに数枚ずつ増やしていき、引き続き商店街に来てもらう機会をつくっていきたい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス