北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭の塩使ったビール「いかが」 伊勢広の中村さんら開発、500本限定販売【室蘭】

オリジナルクラフトビールをPRする中村さん(右)と山本さん

 やきとり伊勢広(室蘭市中島町)の代表取締役・中村卓也さんらはきょう29日からオリジナルクラフトビール「SHIO Lemon CRAFT」を500本限定で販売する。室蘭・母恋めし本舗(関根勝治代表)が販売している室蘭工業大学と共同研究開発したミネラル塩「室蘭の塩 FCルル」を使った。カルシウムと鉄分を豊富に含んだFCルルの甘さを生かしながら、レモンの爽やかな味わいが楽しめるように仕上げた。

 中村さんは他の地域で盛んに作られているクラフトビールに着目。室蘭でも何かできないかと開発に取りかかった。計画を進める際、食産業に関わる人材を育てる道の「地域フード塾」で知り合った仲間に相談。倶知安町でクラフトビールをつくっている長島昌志さんなどからのアドバイスを受けながらビールづくりが始まった。

 室蘭のPRにもつなげたい-との思いからFCルルを使った製造を決めた。調和を考えながら、アメリカ産などのホップや麦芽、酵母での試行錯誤を繰り返した。甘くなり過ぎないようにアルコールを強めて、レモンを加えるなど後味をさっぱりさせる味わいに仕上げ、「焼き鳥との相性もよい」(中村さん)と太鼓判を押す。

 ラベルにもこだわった。企業のロゴなどの各種デザインを手がけるデザイナーRa-Mare(ラマーレ)=本名山本健斗さん=が制作を担当。山本さんは、レモンを大黒島に見立てるなど「室蘭らしさを取り入れた納得のデザイン」とこだわりを詰め込んだ。

 価格は330ミリリットルで980円(税込み)。伊勢広のほか、酒本商店(祝津町)や宮本商店(水元町)で購入できる。中村さんは室蘭の原料を取り入れたことに触れ「室蘭の人たちに親しんでほしい。ぜひ飲んでもらえたら」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス