北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

年越しの定番、製造真っ盛り 望月製麺所【登別】

道産にこだわったそばの製造がピークを迎えている望月製麺所

 望月製麺所(登別市新栄町、望月一延代表取締役)では、年越しそばの製造がピークを迎えている。製麺機から流れてくる生そばを手際良く箱に並べて出荷する作業が朝早くから行われている。

 年越しそばは、本州のスーパー、百貨店向けの製造が25日までがピーク。以降は道内スーパー向けの納入が本格化する。作業は午前5時ごろから始まり、終日工場は大忙しだ。

 道産そば粉の評価は年々高まっており、同社は富良野市、北竜町、鹿追町などさまざまな産地、品種を

取り扱う。小麦粉も道産で「ここまで多くの種類を使っているのはうちぐらい」と望月代表取締役は胸を張る。

 今年は生パスタのパッケージを一新して「大地のパスタ」として売り出した。「北海道の原料は他と比べてもおいしい。道産そばを食べて良い年越しを」とPRしている。

関連記事

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

釧路新聞

初夏の屋外で食楽しむ きょうまでキッチンカー催事

 釧路市役所防災庁舎前広場できょうまで、釧路市と釧路町に拠点を置くキッチンカーが集まる「くしろキッチンカーEXPO」(北海道キッチンカー協会主催)が開かれている。初日となった夏至の21日は、市民や...

室蘭民報

先輩の味アレンジ、ジャージャー麺 登別青嶺高、完成品は学校祭で【登別】

 登別青嶺高校(坪井克彦校長、317人)の3年生が、市の特産品を利用したジャージャー麺の試食を行った。試食会には地域おこし協力隊なども参加。さらに改善を加え7月5日、6の両日同校で開かれる学校祭...

十勝毎日新聞

地サイダー「幕別いちご」 14種類目の販売開始【十勝】

 十勝管内の名産品を使ったご当地サイダーの開発に取り組む十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は22日、14種類目となる「幕別いちごサイダー」の販売を開始する。同研究会によると幕別の地サイダーは初め...

十勝毎日新聞

管内の4工房入賞 初の「国際基準」チーズコンテスト【十勝】

 「フロマジェ」などチーズの専門家育成に取り組む、日本チーズアートフロマジェ協会(東京)が2日に開いた品評会「第1回アルティザンチーズアワード」で、十勝野フロマージュ(中札内)など十勝管内の4工房...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス