北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ゆりね小豆コロッケ」好評 考案の南商生が店頭でPR【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部(東井咲詠部長)がサンマルコ食品(札幌市)と共同開発した「ゆりねと小豆のコロッケ」が23日から、イオン帯広店と十勝管内のマックスバリュ(MV)全7店で販売されている。26日までの限定品で、初日は部員らが4店の店頭でPRし、好調な売れ行きを示していた。

イオン帯広店で商品をPRした生徒ら

 イオン北海道(札幌市)の地域連携の一環で、2017年からサンマルコ食品の協力を受けスタートさせた「高校生コロッケ」プロジェクト。十勝の高校とのコラボは初。幕別などの特産ユリ根と、十勝を代表する小豆を使用したジャガイモベースの商品。3年生中心にレシピ開発に取り組んだ。1個128円(税別)。

 部員はイオン帯広店とMV稲田、春駒通、音更の各店に分かれ店頭に立った。イオン帯広店では7人が集まり、コロッケは総菜コーナーの一角に大型パネルと共に陳列。7人は正午前後30分間店頭に立ち、客に試食をしてもらいながらPRした。同店によると、1~3個入りのコロッケは午前だけで140パック以上売れた。前部長の生徒(3年)は「珍しい組み合わせだが、とてもおいしく仕上がった。ぜひ食べてほしい」と話していた。

 高校生コロッケは今回、帯南商を含め道内6高が6品を開発。25、26日は全道のイオンで全品が販売される予定。

関連記事

室蘭民報

先輩の味アレンジ、ジャージャー麺 登別青嶺高、完成品は学校祭で【登別】

 登別青嶺高校(坪井克彦校長、317人)の3年生が、市の特産品を利用したジャージャー麺の試食を行った。試食会には地域おこし協力隊なども参加。さらに改善を加え7月5日、6の両日同校で開かれる学校祭...

十勝毎日新聞

地サイダー「幕別いちご」 14種類目の販売開始【十勝】

 十勝管内の名産品を使ったご当地サイダーの開発に取り組む十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は22日、14種類目となる「幕別いちごサイダー」の販売を開始する。同研究会によると幕別の地サイダーは初め...

十勝毎日新聞

管内の4工房入賞 初の「国際基準」チーズコンテスト【十勝】

 「フロマジェ」などチーズの専門家育成に取り組む、日本チーズアートフロマジェ協会(東京)が2日に開いた品評会「第1回アルティザンチーズアワード」で、十勝野フロマージュ(中札内)など十勝管内の4工房...

十勝毎日新聞

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

室蘭民報

いちご、豚肉「待ってました!」 まつり盛況2万人【豊浦】

 豊浦町特産のイチゴと豚肉をPRする第53回「とようらいちご豚肉まつり」が9日、町内浜町の天然豊浦温泉しおさい隣にある豊浦海浜公園で開かれた。町内外から昨年より2千人ほど多い約2万人(主催者発表...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス