北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

厚真産ハスカップでクラフトビール 地域の魅力詰まった一杯に

苫小牧市錦町2で道産クラフトビールを提供する「北海道ブルワリー&ビアキッチン」で21日、厚真産ハスカップを使ったクラフトビール「カムイゲイル ハシカプ」の販売が始まった。市内産ヤチヤナギで香りを付け、ハスカップならではの味わいを生かした、地域の魅力が詰まったフルーツビール。同店の宇佐美順子マネジャー(34)は「ハスカップの酸味を感じる珍しい味になった」とアピールしている。

21日から販売しているハスカップを使ったビール

 地場産クラフトビールの醸造を通して、地域の活性化を目指す会社「北海道ブルワリー」(高橋憲司社長)の取り組み。「カムイゲイル ハシカプ」は厚真町の山口農場が生産するハスカップ「あつまみらい」と、市内で取れたヤチヤナギが原料。10月25日から江別市のクラフトビール生産SOCブルーイングで醸造し、今月20日に300リットルが完成した。

 ホップを使わずヤチヤナギのみで香りを付け、ハスカップの酸味や甘みを引き出した。アルコール度数はビールとしては低めの4%で、きれいな黄金色をした「ゴールデンエール」のスタイル。忘年会や新年会のシーズンに合わせて商品化し、レギュラー(400ミリリットル)が1100円、ハーフパイント(230ミリリットル)が750円。販売は同店のみで、今回の醸造分がなくなり次第、終了する。

 醸造を手掛けた高橋浩一ブルワー(56)は「ヤチヤナギは葉だけでなく、香りの強い枝や実もすべて使った」とこだわりを語り、「今後も年に1回はハスカップを使ったビールを仕込みたい」と意欲。自社ブランドのクラフトビール「カムイゲイル」は、アイヌ語で神を意味するカムイとヤチヤナギの英名ゲイルから名付け、「ハシカプ」もハスカップのアイヌ語を使用。地元の特産品として定着する願いがこもっている。

 同店の営業時間は午後5時半~同11時。日・月曜定休。隣接地では現在、市内初のクラフトビール醸造所を建設中で、来年春にも同地で仕込んだビールの販売を開始。同店で5、6種類程度の常時提供を目指している。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス