北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

エゾシカ料理、高い関心 ゆもとで調理師会が研修【登別】

「エゾシカ肉」をテーマに開催された研修会で試食する参加者たち

 北海道全調理師会第2ブロック(藤田恵二ブロック長)の2023年度研修会が13日、登別温泉町のホテルゆもと登別で開かれ、参加者がエゾシカ料理について理解を深め、調理人としての資質を高めた。

 西胆振の調理人の技術向上などのため、毎年持ち回りで開催している。今回は食卓にはなじみが薄い「エゾシカ肉」の地消のきっかけに-とテーマを設定。約10人が参加し「知識講習」と「実技講習」の2部に分けて実施した。

 知識では北海道猟友会本部理事の伊奈信也さんが「エゾシカ肉をおいしく食べて自然を守ろう」と題して講演した。伊奈さんは「シカ肉は牛肉と比較してカロリーは2分の1、脂質は5分の1、鉄分は4・5倍もある」と解説。ほかにも疲労回復やストレス軽減が期待できるといい「エゾシカは繁殖率が高く社会問題になっている。おいしく食べることで自然保護にもつながる」と話した。

 実技は登別温泉調理師登庖会の渡辺晃紀会長が調理した料理を試食した。「登別エゾシカ×日本料理」をテーマに「朴葉味噌焼き」「茶碗蒸し」「すき焼きバラちらし」の3品を調理。参加者は料理に舌鼓を打ちながら「臭みの消し方は?」など質問し、エゾシカの素材としての可能性を吟味していた。

関連記事

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

室蘭民報

親しまれる味、提供したい 「鶏ざんまい」みたら室蘭に移転【室蘭】

 室蘭市内で飲食店を運営するスクラッチオールサービス(後藤田勇人代表取締役)の「からあげ専門店 鶏ざんまい」が、室蘭市中島町から祝津町の道の駅カナスチールみたら室蘭内に移転した。月ごとにお薦めの...

十勝毎日新聞

音更産アスパラ甘く肉厚 北の屋台でフェア【帯広】

 帯広市内の「北の屋台」(全20店)で、音更町産のアスパラガスを使用した「アスパラフェア」が開催されている。各店のオリジナルメニューで、新鮮な春の味覚を楽しめる。6月1日まで。  毎年恒例の...

十勝毎日新聞

古田牧場が感謝の無添加アイス 全国販売目指しCFも【士幌】

 士幌町内の古田牧場(中音更西3線、古田全利代表)は、無添加のアイスクリーム「今日もまた牛を愛そう」(410円、90ミリリットル)を発売した。町のふるさと納税の返礼品に続く第2弾で、道の駅ピア21...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス