北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

南大門チゲが全国V 焼き肉料理コンテスト【帯広】

 全国焼肉協会(東京)主催の「第3回焼肉料理コンテスト」で、帯広市内の「JUICY DISH=ジューシーディッシュ=焼肉南大門」(西3南19)のスンドゥブチゲ(豆腐チゲ)がグランプリを受賞した。運営する南大門代表の岡田佳奈さん(42)と料理長で妹の美佳さん(41)が二人三脚で開発。女性をターゲットにしたアイデアや調理技術が評価され、全国の名店を抑えて日本一に輝いた。

十勝産具材のうま味凝縮 11月中に提供へ

「良い結果を持ち帰ることができてよかった」と喜びを語る佳奈さん(右)と美佳さん

 同コンテストは焼き肉料理の進化と創造性を高める目的で、2018年に第1回を開催。今年のテーマは「焼肉屋で食べたい熱々チゲ」で、全国から149作品の応募があった。2回の書類審査を経て上位4組を選出。8日に東京で実技による決勝大会が開かれ、同協会に加盟する「叙々苑」の会長ら4人が審査した。

 JUICY-が出品したのは、冬季限定メニューとして長年親しまれてきたチゲをアレンジしたもので、佳奈さんのアイデアを料理人歴20年の美佳さんが同業者などの知恵も借りて実現させた一品。豆腐やキノコ、アサリ、豚肉などが入り、牛骨と鶏ガラを約10時間かけて煮込んだだしに十勝産具材のうま味が溶け込んでいる。西京白みそが全体をまろやかにまとめ、程よい辛みとコクで食べやすく仕上げたという。脇を固める十六穀米、アレンジ用のおろしポン酢、ミルクジェラートも、「一つ一つの組み合わせが革新的で斬新」と評価された。

 同社は1968年に2人の父涼一さん(故人)が創業。2人は12年に両親から経営を引き継ぎ、13年に「JUICY-」を開店した。無煙ロースターの設置や提供メニューなど、女性層を意識した店づくりにこだわっている。受賞に関して佳奈さんは「初めての挑戦で不安もあったが、チゲは妹と歩んできた歴史が詰まった自信作。結果を聞いた時は、従業員などいろいろな人の顔が浮かんだ」と喜びを口にした。

 グランプリを受賞したチゲは11月中に新メニューとして提供する予定。

関連記事

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

室蘭民報

親しまれる味、提供したい 「鶏ざんまい」みたら室蘭に移転【室蘭】

 室蘭市内で飲食店を運営するスクラッチオールサービス(後藤田勇人代表取締役)の「からあげ専門店 鶏ざんまい」が、室蘭市中島町から祝津町の道の駅カナスチールみたら室蘭内に移転した。月ごとにお薦めの...

十勝毎日新聞

音更産アスパラ甘く肉厚 北の屋台でフェア【帯広】

 帯広市内の「北の屋台」(全20店)で、音更町産のアスパラガスを使用した「アスパラフェア」が開催されている。各店のオリジナルメニューで、新鮮な春の味覚を楽しめる。6月1日まで。  毎年恒例の...

十勝毎日新聞

古田牧場が感謝の無添加アイス 全国販売目指しCFも【士幌】

 士幌町内の古田牧場(中音更西3線、古田全利代表)は、無添加のアイスクリーム「今日もまた牛を愛そう」(410円、90ミリリットル)を発売した。町のふるさと納税の返礼品に続く第2弾で、道の駅ピア21...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス