北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

酷暑に負けず、1400キロ収穫 ワイン醸造用ブドウ【壮瞥】

1房ずつ丁寧に収穫された醸造用ブドウ

昨シーズンより100キロ多く

 京都府京丹波町のワイナリー丹波ワイン(黒井衛代表取締役)が、壮瞥町で栽培しているワイン醸造用ブドウの収穫が13~15日までの3日間、同町滝之町のブドウ畑で行われた。今季は猛暑やムクドリの食害などもあったが、昨シーズンより100キロほど多い約1400キロが取れた。

 同社は2018年から同町で栽培をスタート。20年からは同町の地域おこし協力隊も管理などに携わっている。現在は2カ所(計約1・5ヘクタール)のほ場でピノ・ブランやシャルドネ、ピノ・ノワールなど8種類約2500本を育てている。

 14日は同社の社員や地域おこし協力隊ら5人ほどでブドウを1房ずつ丁寧に摘み取った。21日にフェリーで京都に運ばれる予定。

 ワイン醸造技術管理士で同社の末田有顧問は「この5年間の中で、今年は本州並みに暑さが厳しく、ブドウは作りにくかったが、糖度の高い品質の良いワインが出来そうだ」と話した。

 ブドウは白ワインに使用し、約1300本ほどを生産する。発酵・熟成を経て来夏ごろに販売予定。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス