北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

個性あふれる筆遣い42点 市民文化祭、書道連盟展開幕【室蘭】

個性あふれる作品が並ぶ書道連盟展

 室蘭書道連盟(駒澤静秀会長)の第73回市民文化祭「書道連盟展」が6日、室蘭市幸町の室ガス文化センター展示室で始まり、会員ら22人が揮毫した個性あふれる作品が来館者の目を楽しませている。8日まで。

 会場には近代詩文や漢字、墨象(ぼくしょう)部門の作品のほか、恩師などから譲り受けた“私のお宝”作品の計42点が並んでいる。

 書道歴60年の会員、新井山蘭牛さん(82)は近代詩文「春霖」を出品。言葉の持つ意味のしとしとと降る長雨を表現しようと全紙に向き合った。新井山さんは「頭で思い描いた通りにいかないところが書道の面白さ」と目を輝かせた。

 母恋北町から来館した伊原克利さん(82)は「毎年見に来ている。今年も素晴らしいです」とじっくり鑑賞していた。

 入場は無料。時間は午前10時~午後6時(最終日は同4時半)。問い合わせは金川緑眼事務局長、携帯電話090・5071・4213へ。

関連記事

室蘭民報

力を合わせて綱引き カルルス温泉冬まつり【登別】

 カルルス温泉冬まつり(同実行委員会主催)が2日、登別市のカルルス温泉サンライバスキー場で行われた。広大なゲレンデを舞台に多彩な企画が繰り広げられ、参加者が大きな歓声を上げた。  時折強い風が...

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

2000個の明かり「ピラ・リ」照らす つなぐランタン【幕別】

 幕別町民が作るランタン2000個が並ぶ「2024 MAKUBETSU TSUNAGU LANTERN(幕別つなぐランタン)」が24日、町内の明野ケ丘公園などを会場に開かれた。優しい明かりが同町...

十勝毎日新聞

トレンドアイテム品定め 初の「かちコレ」開幕【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(十勝毎日新聞社主催)が24日、帯広市内のベルクラシック帯広(西2南35)で始まった。管内の衣料品店6店と美容品メーカーなど4店が春の...

室蘭民報

レゴで未来のまち作り ヌプで24..

「登別温泉大きく」 子どもたち楽しむ  登別港町の市観光交流センター・ヌプルで23日「出張ブリックラボ!ブロックで登別を作ろう」が開かれ、参加者がブロック玩具「レゴ」で未来の登別のまち並み作りに...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス