北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

JA連携 水ようかん第2弾 特産活用、土産品に【幕別・忠類】

 JA幕別町(前川厚司組合長)とJA忠類(蛯原一治組合長)は、それぞれの特産品であるインカのめざめとゆり根を使用した水ようかんを24日に新発売する。昨年、JA木野の子会社ハピオ(音更町)が発売した、木野産小豆を使用した水ようかん「あずきの雫(しずく)」のシリーズで、管内の農協が連携した横断的な商品開発により、今後、JAブランドを冠した土産品の強化を目指していく。

3種類のラインアップとなった水ようかんをPRする関係者

 北海道フードネットワークプロジェクト(事務局・帯広物産協会)の一環。コロナ禍で落ち込んだ小豆の消費拡大を目的として商品化した「あずきの雫」(75グラム、190円)が好評だったことから、他JAでも同じテーマ性をもった商品を企画することにした。

 JA幕別町は、全道一の栽培量を誇るバレイショ「インカのめざめ」を使用した「十勝 黄金の水ようかん」を商品化。スイートポテトのような洋風の仕上がりになっており、イモの濃厚で自然な甘みを生かしている。

 JA忠類は、特産品の純白ゆり根を入れた「Lilyne りりね」を考案した。同JAでゆり根の加工品に取り組んだのは初となる。白色で涼しげな見た目が特徴で、なめらかな口あたりにこだわった。

 製造は川西製餡所、パッケージデザインはティーピーパック(いずれも札幌市)が手掛けた。両商品とも幕別町産の白インゲン「大手亡豆」を原料にした白あんをベースとし、水ようかんらしさの中に各JAの地域性を際立たせた。どちらも72グラム、351円。

 商品は、木川商店(幕別町本町)やハピオ、とかち物産センター(JR帯広駅エスタ東館)などで扱う。3種類の水ようかんを組み合わせられるようにし、土産品や贈答用として展開していく考え。各商品とも年間1万個以上の売り上げを目標とする。

 開発に携わった帯広物産協会の木戸善範事務局長は「農協が地域の垣根を越えて商品開発を行い、互いの商品を売り合うような事例はほとんどない。農業大国の十勝が先進事例となり、加工品を通して原材料の消費拡大に取り組んでいきたい」と話している。今後は、管内JAの特産品を活用した水ようかんシリーズを増やしていきたいとし、限定した商品に限らず企業間連携を進めていきたい考え。

関連記事

室蘭民報

市橋さん考案「室蘭チップス」最優秀賞、地元海産物応援レシピ審査結果【室蘭】

 室蘭商工会議所、室蘭漁業協同組合が地元水産業の活性化に向けて実施した、料理レシピの審査結果がまとまった。最優秀賞には市橋麻子さんが考案した、季節の魚と野菜などに衣をつけてふんわり揚げた「室蘭チ...

室蘭民報

一口で食べる幸せ 「おいしいまんじゅうミニ」新発売、わかさいも本舗【洞爺..

 わかさいも本舗(本社・洞爺湖町)は、人気商品「おいしいまんじゅう」のミニサイズ版「おいしいまんじゅうミニ」を新発売した。同社は「『一口で食べる幸せ』をお楽しみください」とPRしている。  2...

十勝毎日新聞

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

十勝毎日新聞

こだわりコーヒー「商」学校で提供中 グリーンファイブ【帯広】

 コーヒー豆販売の「グリーンファイブコーヒー」(帯広市、鈴木孝直代表)は19日まで、帯広広小路内の帯広まちなか「商」学校(西2南8)に出店し、コーヒーを提供している。  同社は自家焙煎(ばい...

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス