北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ジンギスカン専門店すすきのに 新業態で帯広・平和園【札幌】

 焼き肉の「平和園」(帯広市、新田隆教社長)は8月1日、札幌市の繁華街、中央区南5西5にジンギスカン専門の新業態店舗「羊匠亭」をオープンさせる。定番の手切りジンギスカンが主軸メニュー。札幌4店舗目で初の中心部への出店。新田社長は「もみだれとつけだれで食べる『両付け』という十勝発祥の羊食文化を広く発信したい」としている。

既存店同様、レトロ感がある新店の店内イメージ図(平和園提供)

 場所はすすきの中心部。商業ビルの2階にあり、ビジネスホテル「ルートイン」や各種飲食店も入居する。約180平方メートル、56席、個人席から18人程度の団体まで受け入れ可能。マトンジンギスカン(1人前780円)やラムステーキ(880円)、仔羊の冷製ロースト(980円)、独自メニューとしてひつまぶし風そぼろ丼「ひつじまぶし」(580円)などを提供する。

 今春に賃貸契約し、改装工事を進めている。事業費は非公表だが、新田社長は「立地などを踏まえ、帯広で直近に行った東銀座店のリニューアルより高い経費設定。会社としても力を入れている」と説明する。

 同社は1959年創業。9店舗展開、うち札幌は白石店などいずれも郊外型。手切り羊肉を注文後にたれを調合して味付けする「一丁付け」にこだわる。

 新田社長は「ジンギスカンは『先付け(タレに漬け込む)』と『後付け(生を焼いてタレを付ける)』が主流だが、十勝はうちを含め『白樺』さんなど両付けスタイルが多い。道内他地域にはない第3の食べ方を広めたい」と力説した。

関連記事

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

十勝毎日新聞

きょう「豚丼(2・10)の日」 専門店でPR企画続々【帯広】

 2月10日は「豚丼の日」。豚丼を提供する帯広市内の飲食店では、当日限定で大盛りなどのサービスを行う店舗もあった。昼時には観光客や地元住民が、食欲を誘う炭火や甘いたれの匂いに誘われ、豚丼提供店の...

十勝毎日新聞

町産の小麦&トマトでピザ ふるさと納税返礼品に商品化【本別】

 本別町のふるさと納税返礼品として、本別産の小麦やトマトなどを活用した冷凍ピザが、1日から取り扱われている。ふるさと納税運営サポートを手掛けるローカル(熊本市)が商品化した。商品名は「通のご当地P...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス