北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新得産バナナの葉を料理に 「南インド料理ダール」【帯広】

 南インド料理専門店「南インド料理ダール」(帯広市西15南35、大村靖夫代表)は、友夢牧場(新得)で生産するバナナの葉を使用した「鮮魚のバナナの葉包み焼き」を、30日までの期間限定で提供している。国内では料理に使用されることの少ない素材を用いることで、SDGsへの関心を高めるための取り組み。

新得産バナナの葉を活用したメニューをPRする大村さん

 同店は本場インドへの留学経験を持つ大村さんが2015年に開業。本格的な南インド料理を専門にする飲食店は管内では珍しいという。「マニアックになりすぎず南インドの文化を楽しく伝える」をモットーに、「手食チャレンジ」などのキャンペーンや料理を通して本場文化を発信している。

 「鮮魚のバナナの葉包み焼き」は開店8周年記念の料理でもある。スパイスでマリネしたカレイにマサラ(カレーソース)をかけてバナナの葉で包み焼きにした。バイオガス発電の余剰熱を利用してバナナをハウス栽培する友夢牧場で、収穫期に残るバナナの葉を活用している。これまで同牧場のバナナの葉は札幌円山動物園のゾウに寄贈してきた。大村さんの「料理を通して、楽しみながらSDGsについて考えるきっかけをつくりたい」という思いから、一部提供を受け調理や皿に利用している。

 本場南インドでは「浄・不浄」の考え方からバナナの葉を皿として使用することもあり、大村さんは「SDGsと本場文化を一度に発信できる。おいしく楽しく、エコについて考えてみませんか」と来店を呼び掛けている。

 包み焼きはディナーのみの提供で前日までの予約制。1250円。問い合わせは同店(0155・47・5678)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

名寄新聞

フレッシュな味わい楽しんで・純米吟醸「名寄きたしずく」数量限定で販売【名..

 名寄産の酒米「きたしずく」を100%使用した純米吟醸「名寄きたしずく」の生酒(製造元・上川大雪酒造)が、11日から名寄市内限定(480本限定)で販売される。同酒を卸している丸徳木賀商店(木賀義...

十勝毎日新聞

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動【帯広】

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

室蘭民報

4月25日は「室蘭カレーラーメンの日」 全国で初「記念日」登録認定【室蘭】

会発足から18年、一層の普及期待  室蘭カレーラーメンの会(小柳富資会長)は、会発足総会の4月25日を「室蘭カレーラーメンの日」として日本記念日協会(長野県)に記念日登録を申請し、認定された。カ...

室蘭民報

「龍が如く納豆」限定販売 内藤食品工業、人気ゲームとタイアップ【室蘭】

 納豆製造の内藤食品工業(室蘭市御前水町、内藤孝幸代表取締役)が、セガの人気ゲーム『龍が如く8』とタイアップした商品「おらが街納豆『龍が如く8』バージョン」を発売している。ゲームのパッケージデザ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス