北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

より良い給食へ「未来プロジェクト」着々 苫小牧

児童生徒へのより良い給食時間の提供などを目的とした「苫小牧未来プロジェクト」が着々と進行中だ。これまで苫小牧市内の小中学校で使用する給食用食器を市とのプロポーザル契約に基づき、市公式キャラクター「とまチョップ」などがデザインされたものに更新したほか、オリジナル調味料「苫小牧クラフトスパイス」を使ったアイデアレシピの開発にも着手。今後は地域の食材を用いた料理教室など食育や地元企業と連携したイベント開催にも取り組んでいく考えだ。

苫小牧未来プロジェクトのロゴが入った食器で給食を楽しむ児童

 プロジェクトは市のこども未来研修事業などを請け負う事務用品販売業のトートー事務機(元中野町)と業務用厨房(ちゅうぼう)機器の総合メーカーアイホー共同事業体(愛知県)が市の「学校給食用食器賃貸借に関する公募型プロポーザル事業」に応募し、採択された。

 2021年6月から28年12月末までの7年間で、市内の企業や学校と連携し、老朽化したり破損したりした学校給食用食器の更新のほか、食に関わる情報発信事業などに取り組んでいく。プロジェクトには久恵比寿(新富町)や苫小牧清掃社(糸井)など市内の10社が参加、協力している。

 まずは昨年4月、市内全小中学校の給食用食器(うどん丼、ボール、角仕切皿)を一斉更新。児童生徒の地元への愛着を促そう―と各食器にとまチョップや水揚げ日本一のホッキ貝、まちの伝統的スポーツ・アイスホッケーなどのイラスト、「苫小牧未来プロジェクト」のロゴをデザインした。

 各社は市の給食配送車の車体に企業名を掲載する広告協賛金として月1万円ずつ負担。食器購入費の一部に充て、市の負担軽減を図った。

 昨年1月から本格稼働した第2学校給食共同調理場(美原町)で、給食ができるまでの流れをまとめた動画製作も実施。昨年7月から小学1、2年生が地域を学ぶ授業などで流し、食育に役立てている。

 今年度は今年1月に市内全小中学校の児童生徒を対象に、「苫小牧クラフトスパイス」を使った料理のアイデアを募集。昨年3月、苫小牧都市再生プロジェクト(会長・岩倉博文市長)が開発した調味料で、最優秀賞に選ばれた5作品は市内飲食店で実際にメニュー化されることになっており、近く受賞者が決定するという。

 このほか、小中学校の新1年生には、同プロジェクトのオリジナルクリアファイルを配布。多彩な事業を通じ、子どもたちに地元企業や地域の魅力に触れる機会をつくりたい考え。トートー事務機の担当者は「2023年度も賛同企業と共に、さまざまなイベントや企画を考えていきたい」と話す。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス