北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

日ハム「帯広豚丼」発売 日甜芽室のグラニュー糖使用【帯広】

 食肉販売大手の日本ハム(大阪府)は、日本甜菜製糖(本社東京)の芽室製糖所で製造するグラニュー糖をタレに使用した「帯広豚丼の具」を発売し、2月28日、帯広市役所で記者会見を開いた。商品は全国のスーパー、飲食店などで販売、帯広と豚丼の知名度向上が期待される。

新商品「帯広豚丼の具」。タレには日甜芽室製糖所のグラニュー糖が使用される

 日本ハムは北海道に着目した商品開発を進めようと、2021年から「北海道プロジェクト」を展開している。豚丼は、全国のスーパーなどで人気の北海道フェアの商品になると考え、22年4月、開発に着手した。開発陣が帯広市内の豚丼店を回り、味を研究した。特にタレの味にこだわり「甘辛くまろやかな味」の再現を目指し、「すっきりして切れ味が良い」(日甜)地元産のグラニュー糖を使用した。

 開発した豚丼は家庭用(100グラム×3食)と業務用(85グラム×2食)の2品。家庭用は常温保存のレトルト食品、業務用は冷凍食品。帯広物産協会(小倉豊会長)が開発に協力した。

 どちらもパッケージにフードバレーとかちと「帯広物産協会推奨」のロゴをプリントしている。

 年間で家庭用60万パック、業務用144万食の販売を見込む。日本ハムは「北海道の食や、豚丼発祥の地である帯広のブランドを高めたい。既に製パン大手などから使用したいとの声があり、手応えを感じている」と述べた。

 砂糖の年間消費量は、健康志向やコロナ禍による外出機会の減少などで年々減りつつある。日甜の惠本司会長は「テンサイは、十勝の輪作体系の中でも有用な作物。道産の砂糖と明記してもらい、応援になる」と話した。

 「帯広豚丼の具」は、参考小売価格で家庭用734円、業務用が598円。

米沢則寿帯広市長(左から2人目)を表敬訪問した日本ハムの小村勝北海道プロジェクト推進室長(左端)、惠本会長(右から2人目)、小倉会長(右端)

関連記事

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

十勝毎日新聞

きょう「豚丼(2・10)の日」 専門店でPR企画続々【帯広】

 2月10日は「豚丼の日」。豚丼を提供する帯広市内の飲食店では、当日限定で大盛りなどのサービスを行う店舗もあった。昼時には観光客や地元住民が、食欲を誘う炭火や甘いたれの匂いに誘われ、豚丼提供店の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス