北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

鮮魚店・渡辺商店“国替え” 「バンブウ」跡に移転、シャンシャンへの思い継承【室蘭】

店舗だけでなく地域への思いも継承する斉藤さん(左)と山本さん

 15日に完全閉店した室蘭市中島町の婦人服専門店・オーダーサロンバンブウ跡地に、室蘭市公設地方卸売市場の移転に伴い、1月22日から休店していた日の出町の鮮魚店・ヤマサン渡辺商店が入ることが決まった。バンブウの斉藤弘子代表、渡辺商店の山本晃弘代表取締役は互いに手を携え、シャンシャン共和国商店街や中島地区の発展に向けた思いも継承していく。

 店舗跡地の活用方法を模索していた斉藤さんと、日の出町から東町へ市場が移転したことに伴い、移転場所を探していた山本さんがマッチングした。山本さんは「魚屋ということでにおいを気にされるかと思ったが、斉藤さんが『シャンシャンにも魚屋があった方がいい』と快く歓迎してくれた」と感謝する。

 市場近くの日の出町から繁華街の中島町へ。店舗の移転に際して、家族や従業員と検討を重ねた。山本さんは「(母親の涼子)店長もここに来た瞬間に『ここだね』と言ってくれた」と振り返り、「中島には若手の経営者が多いし、横のつながりも強い。一緒に室蘭を盛り上げながら、先輩方からさまざまなノウハウを学びたい」と抱負を語る。

 店舗面積は約90平方メートル。来月から移転に向けた準備を開始し、4月のオープンを目指す。山本さんは「店舗の内装は斉藤さんの色を残しつつ、これまで同様、地産地消にこだわった鮮魚を提供していきたい」と話す。テレビや旅行雑誌でも紹介され、全国から客が訪れるイートインコーナーも、営業時間の延長や総菜、酒類の提供など、さらに充実させる。

 斉藤さんは「私にとってこの場所は『夢のお城』だった。ここで大好きな仕事をして、毎日ときめきながら過ごしてきた。そのままの気持ちで営業していただければ一番うれしい」とエールを送る。

 山本さんも「斉藤さんのパワーやバトンを受け継いで、室蘭の皆さんに恩返しをしたい」と意気込みを述べている。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス