北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

清水の牛とろ丼 初のグランプリ 全国ご当地どんぶり選手権【東京】

初のグランプリ獲得を喜ぶ藤田社長(中央)ら十勝スロウフードの関係者

 「第12回全国ご当地どんぶり選手権」の表彰式が22日に東京ドームで開かれ、十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」が初のグランプリに輝いた。9回目の挑戦で悲願達成の藤田社長は「うれしいというのが正直な気持ち。応援してくださった皆さまに感謝したい」と喜びを語った。

 13~22日に開催した全国の祭りとグルメを集めた「ふるさと祭り東京2023」(実行委主催)のメインイベント。全国のご当地どんぶり14品を1杯700円で提供、来場者の投票でグランプリを決めた。

 牛とろ丼は牛とろフレークの濃厚な味と、とろける食感が特徴。過去に準グランプリを2度受賞していた。会期中に何回も訪れたり、1度に複数杯注文したりする熱心なファンの存在もあり、票を伸ばした。

 表彰式で金のどんぶり型トロフィーを手にした藤田社長は「牛とろ丼は素材を重視し、牛を育てることからこだわっている。皆さんに鍛えられ、多くの人に支持されるようになった。送り出してくれた清水町の皆さんにも感謝している」と語った。ご当地グルメの魅力発信に尽力した、清水ドライブイン運営の山下観光社長だった故野崎勝敏さんへの感謝も口にした。

 グランプリを2回獲得すると「殿堂入りどんぶり」に認定される。藤田社長は2年連続のグランプリを目指し、来年も参加する考えを示した。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス