北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

道民の声クワトロ・ピザに 「ドミノ」十勝食材で会議【帯広】

 ドミノ・ピザ ジャパン(東京)は、今年11月に迎える北海道再上陸3周年を記念したキャンペーンの一環として、北海道限定のピザを同社の顧客とともに開発するプロジェクトを開始した。11日は帯広市内のドミノ・ピザ帯広西5条店(西5南22)に参加者が集まり、ピザの具材を決める開発会議を行った。地域の顧客とともにピザを開発するのは、同社で初めて。

ピザに合う具材の組み合わせを探る参加者ら

 プロジェクトでは、北海道を道央、道東、道北、道南の4地区に分け、顧客らと開発したピザ数枚をSNSの投票にかけ、各地区で1位に選ばれたピザを1枚の「クワトロ・ピザ」として商品化する。販売は北海道限定で、3月中旬から11月末までの予定。

 11日は、管内に居住経験がある顧客2人とユーチューバーのばんばんざい ぎしさん、同店のクルー2人ら5人が参加。十勝産チーズや豚丼、インデアンカレー、小豆など、20種類を超える道東の食材から、ピザに合う組み合わせを探し、「煮豆と道産カマンベールチーズ」や「サツマイモと小豆」、「豚丼の豚肉と道産チーズ」などのピザを提案した。参加した帯広在住の自営業者松田彩香さん(29)は「合うと思った組み合わせが合わなかったり、その逆もあったりと、予想外のことが多かった。開発者のすごさが分かった」と話した。

 企画した同社マーケティング部プロダクション&ロジスティクス課の唐澤淳課長は「ドミノ・ピザはチェーン店だが、画一的ではない『まちのピザ屋』を目指したいとの思いがある」とし、「ピザを知るクルーと地域のお客さまで、おいしい地域のピザを作ってほしい」と期待した。

関連記事

十勝毎日新聞

「星屑昆布」販路拡大へ 保志さん「十勝を代表する土産に」【広尾】

 広尾町の漁業保志弘一さん(37)は、地場産コンブを粉末にした加工食品「星屑昆布(ほしくずこんぶ)」の販路拡大に力を入れている。販売を開始して1年が経過、当初は瓶詰めタイプのみだったが、手軽に購入...

十勝毎日新聞

清水の牛とろ丼 初のグランプリ 全国ご当地どんぶり選手権【東京】

 「第12回全国ご当地どんぶり選手権」の表彰式が22日に東京ドームで開かれ、十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」が初のグランプリに輝いた。9回目の挑戦で悲願達成の藤田社長は「...

十勝毎日新聞

ジャガイモスイーツ専門店 21日オープン【帯広】

 ホテル十勝屋(帯広市、後藤陽介社長)が、十勝ガーデンズホテルの立体駐車場を解体し整備を進めてきた、十勝産ジャガイモスイーツを柱としたテークアウト店が21日、市内西2南11にオープンする。「ジャ...

室蘭民報

山漬けの切り身食べて、室蘭産のサケ使用 2年ぶり、21日販売【室蘭】

焼いて良し、お茶漬けでも良し  室蘭漁業協同組合(室蘭市舟見町、室村吉信組合長)は、室蘭産秋サケを使った「山漬けの切り身」(税込み千円)を21日から販売する。同漁協の名物が手軽に楽しめると市民や...

室蘭民報

酸味、甘み豊か 壮瞥でスパークリングアップルジュース造り始まる【壮瞥】

「ふじ」「王林」など9種使用  そうべつシードル造り実行委員会(川南和彦実行委員長)は、スパークリングアップルジュース造りを18日から始めた。委託先のそうべつ農産加工センター(滝之町)では、約1...