北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

障害者の意志決定支援を 研修会で法制度、ポイント学ぶ【釧路】

意思決定支援について説明する又村氏(左)。会場では手話の同時通訳も行われた

 釧路市障がい者基幹相談支援センターと市が主催する「地域で障がい者を支えるための理解を深める」研修会が23日、市生涯学習センターで開かれ、参加者が障害者の意思決定支援に関する法制度や支援のポイントなどについて理解を深めた。

 障害者の意思をくみ取る支援の方法や、本人らしいライフステージの在り方などについて学ぶことを目的に開催。新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、欠席した人のために急きょ講話を動画に残す対応も取った。

 この日は福祉施設関係者ら約60人が参加。講師には知的障害者の権利擁護と政策提言などを行う「全国手をつなぐ育成会連合会」の事務局長を務める又村あおい氏を迎え、自らの意思を決めることに困難を抱える障害者のための「意思決定支援」などについて、2部構成で約4時間にわたり講話した。

 又村氏は、国連の障害者権利条約や国の法令などによって、すべての障害者は本人の意思決定による選択の機会が確保されていることを説明。さらに、意思決定に支援が必要なことについては「自分では決められないと捉えるのではなく、決めるためのお手伝いが足りないと考えることが重要」と訴えた。

 また、意思決定の課程において「体験や経験が十分でない人に対し、急な出来事の意思決定を求めるのは乱暴極まりない」とし、意思決定の基礎となる十分な体験や経験、情報の入手、理解、比較、活用などのプロセスを積み重ねていくことが重要と指摘した。

 研修会に参加した、市内の福祉施設で働く宮下玲子さんは「とても分かりやすい説明で勉強になった。利用者の意思を理解することが容易ではないことが改めて分かった」と話していた。同センターの金子一也所長は「意思決定支援に関する研修会はとても貴重で、非常に有意義な内容だった。参加した人は、ぜひ実践でも役立ててほしい」と語った。

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス