北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

フルート 豊田さん菅原さん全国へ 全日本学生音楽コンクール【芽室】

 第76回全日本学生音楽コンクール(24日、横浜)のフルート部門に、芽室町出身で東京芸術大学音楽学部付属音楽高1年の豊田翼さん(16)=芽室小・中卒=と、芽室中3年の菅原凛さん(14)が出場する。10月に札幌で開かれた北海道大会本選で第1位に輝き、練習を重ねている。

「聴衆を引き込む演奏をしたい」と語る豊田さん

 高校生の部の課題曲はモーツァルトのフルート協奏曲第2番で、「演奏者の器が問われる曲。難しかった」と豊田さんは振り返る。モーツァルトが求めていた音楽は何か、毎日のように考えさせられたという。モーツァルトの曲で認められることは、プロになる確率が上がるとし、「納得する形で1位を取れたことに意味がある。今後のフルート人生に大きな価値がある」と話す。

 自由曲で競う全国大会は、尾高尚忠作曲のフルート協奏曲を選んだ。「日本の和と美の象徴と言える、いつか吹いてみたかった憧れの曲。東京生活に慣れてきた区切りとして、聴衆を引き込む演奏をしたい」と語る。

 豊田さんは昨年の全国大会は、中学生の部で第1位と聴衆賞を獲得している。

 菅原さんは、中学生の部の課題曲シュターミッツのフルート協奏曲を演奏。「単調にならないように表現するのが難しかった」としながらも、「いろんなプロの演奏を聞き、先生に教わったことを自分のものにして、本番では納得のいく演奏ができた。去年は3位だったけど、今年は念願の全国出場を果たせてうれしい」と笑顔を見せた。

全国の舞台へ意欲を見せる菅原さん

 菅原さんを小学6年から指導する中札内村のフルート奏者赤部里美さんは「これまでコツコツと取り組んできた練習の仕上げとして、全国大会では自信を持って堂々と演奏してきてほしい」とエールを送る。

 全国大会ではバートンの「ソナチネ」で本番に臨む。「さらにスキルアップして、これまでの自分とは違う演奏ができたら。北海道からただ一人出場するのだから、コンクールを思う存分楽しみたい」と意欲を語った。

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス