北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

三浦さん念願 故郷で演奏 25日「NHKのど自慢」【帯広】

 帯広市出身のドラマー、三浦剛志さん(38)は、2019年から「NHKのど自慢」の北海道地区専属ドラム奏者として活躍している。25日に帯広市民文化ホールから放送される「のど自慢」が“十勝デビュー”となり、「地元なのでより緊張感が高まっている。普段通りミス無く演奏したい」と意気込む。

NHKのど自慢のドラム奏者として活躍中の三浦さん。地元デビューに「より緊張感がある」と話す

 三浦さんは帯広光南小、帯広第三中(当時)、白樺学園高卒。中学時代からバンドを組み、高校1年生の頃にお年玉でドラムを購入した。札幌市内の専門学校に進学してドラムの技術を学び、20代で上京、ドラマーの村石雅行さんに師事した。津軽三味線の「吉田兄弟」のツアーや、音楽ユニット「Every Little Thing」のアルバムのレコーディングにも参加した。

 33歳で札幌に戻り、札幌ミュージック&ダンス・放送専門学校でドラムを教えている。のど自慢北海道地区シンセサイザー担当の安斉亨さんと親交があり、同番組のドラム奏者として声がかかった。

 2019年4月の岩見沢市会場のデビュー以来、道内各地で演奏を経験。20年11月の音更会場が十勝デビューとなる予定だったが、コロナ禍で中止となり、満を持しての帯広での演奏に両親も喜んでいるという。

 のど自慢の放送前日の予選会には毎回約200組が参加する。「アニソンから演歌までテンポの幅が広い。何百曲も即座に演奏する経験はなかなかない」とやりがいを語る。のど自慢専属奏者は何十年も続けている人が少なくなく、「(自分も)今後20年、30年とやるかもしれない。出場者の方に気持ち良く歌ってほしい」と思いを話す。

 十勝関係では、芽室町の石黒みゆきさんがのど自慢北海道地区の三味線専属伴奏者を務めている。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス