北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

旭山学園自慢の十割そば 17日そば店開店【清水】

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他、有機野菜や卵、山わさびしょうゆ漬など、同施設で生産している商品の販売所も店内に設置する。

17日にオープンする十割そば農志塾の店内(写真は13日のプレオープン)

 「施設で製造している自慢の十割そばをより多くの人に食べてもらいたい」「施設利用者が働く場を提供したい」と店舗開設を計画。昨年、そばの生産体制を強化し、安定的に生産できるようになったことから開業が実現した。

 店舗で提供するそばには同施設が製造している「冷凍十割生そば」を使用。「地鶏かしわそば」(850円)「卵とじそば」(700円)など、同施設が生産する北海地鶏や卵、有機野菜などを使用したメニューがある。

 7~11日と13、14の両日は施設関係者を対象にプレオープンし、このうち13日は48人が来店。町内の竹内嶺基宏さん(21)は「しっかりした味。そばにコシがあっておいしい」と話していた。

 店舗スタッフ代表で同施設生活支援員の上床隆俊さんは「旭山農志塾でつくった自慢のそばを提供できる場ができた。気軽に十割そばを食べていただければ」とし、有機野菜などについても「直接届けられる場がこれまでなかったのでうれしい」と話している。

 営業時間は午前11時~午後3時(午後2時半ラストオーダー)で、定休日は月曜(祝日の場合は営業、翌日が休み)。問い合わせは同店(0156・62・8700)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

十勝毎日新聞

南商“甲子園”に手応え 勝負メニュー福原で限定販売【帯広】

 食品スーパー・福原(帯広市、福原郁治社長)の市内3店舗で5日限定で、27日に東京都内で開かれる「第11回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝で帯広南商業高校クッキング部が勝負するメニュー「わやう...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス