北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

道の駅でこだわりザンギ 赤平さん夫妻がオープン【士幌】

 士幌町のスーパーの一角で営業していたザンギのテークアウト販売専門店「M.kitchen(エムキッチン)」が、道の駅ピア21しほろのブースに移転、オープンした。経営する赤平政幸さん(46)=上士幌町在住=は「お客さんや食とのつながりを大事にしていきたい」と張り切っている。

店前に立つ経営者の赤平政幸さん(右)と妻の真由美さん

 赤平さんは釧路市出身。2014年に釧路市で開かれたご当地グルメの祭典「くしろザンギ王決定戦」(くしろザンギ推進協議会主催)に料理好きとして初めて出場し、準優勝に輝いたことがある。

 音更町内の造園会社に勤務する傍ら、縁があって昨年7月から日曜日だけ士幌町内のスーパー「しほろ海山市場」でザンギを販売していたが、今年3月にスーパーが閉店。新型コロナウイルス感染症の影響で本業の収入が減り、ザンギの販売継続を望む町民の要望もあり、脱サラを決めたという。

 赤平さんは「衣はサクッと中はジューシーに仕上げている。他の店にも負けず、お客さんがおいしいと思う味を追求している」と力を込める。近隣の主婦を中心に学生や年配者の利用があり、札幌市や旭川市からの来店者もあるという。

 お勧めの看板メニューは特製ザンギ(5個入り、税込み650円)。ザンギは1個約70グラムと、しょうゆベースで肉が軟らかくふわふわ食感が特徴だ。他にスパイスで調合したカレーザンギ(6個入り、同650円)、あっさり塩味の藻塩ザンギ(同)などをそろえる。日曜日にはかつてしほろ海山市場で売られていた甘い果実が詰まったフルーツサンド(1個税込み350円)を100個限定販売している。

サクッと仕上がりボリューム感があるザンギ

 妻真由美さん(51)は「お客さんと接する時間を大事にし、二人三脚で頑張りたい」、赤平さんは「1年後にはしほろ海山市場を復活させ、士幌町を盛り上げたい」と前を見据える。

 営業時間は午前10時~午後5時(材料がなくなり次第終了)。水・木曜定休。問い合わせは同店(080・4507・1134)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

十勝毎日新聞

きょう「豚丼(2・10)の日」 専門店でPR企画続々【帯広】

 2月10日は「豚丼の日」。豚丼を提供する帯広市内の飲食店では、当日限定で大盛りなどのサービスを行う店舗もあった。昼時には観光客や地元住民が、食欲を誘う炭火や甘いたれの匂いに誘われ、豚丼提供店の...

十勝毎日新聞

町産の小麦&トマトでピザ ふるさと納税返礼品に商品化【本別】

 本別町のふるさと納税返礼品として、本別産の小麦やトマトなどを活用した冷凍ピザが、1日から取り扱われている。ふるさと納税運営サポートを手掛けるローカル(熊本市)が商品化した。商品名は「通のご当地P...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス