北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

歩いて魅力再発見 フットパス2コース開始【広尾】

 広尾町内のシーサイドパークや大丸山森林公園の景観スポットをめぐるフットパス・2コースが運用を開始した。両コースには8カ所ずつポイント(QRコード)があり、スマホでスタンプをゲットすると特製の「手ぬぐい」がもらえる。企画した町地域おこし協力隊の磯野巧さんは「ウオーキングしながら、広尾の魅力を再発見して」と話している。

ポイント巡り特製手ぬぐいゲット

フットパスコースのポイントに掲示しているQRコードと(左から)磯野さん、本澤さん。ポイントをクリアすると磯野さんが手にしている手ぬぐいがもらえる

 町観光協会による体験型メニューづくりの一環。道観光振興機構の助成制度を活用し、磯野さん、地域おこし協力隊インターンの佐藤圭馬さん、本澤悠歩さんの3人がルート設定、マップの制作、QRコードの整備を進めた。

 開設した「Hiroo Discovery Footpath」(ヒロオ・ディスカバリー・フットパス)は、野塚地区のシーサイドパークと菊地ファーム・カフェを結ぶ約5キロと、サンタランドの聖地・大丸山公園内の施設を巡る約2.5キロのコース。

 各ポイントにはマスコットキャラクター「さーたちゃん」が目印のQRコードを配置。スマホで読み取るとスタンプを取得できる。今後、観光情報が得られるよう内容を充実する。

 スタンプは1コース制覇で手ぬぐい1枚、両コース制覇で手ぬぐい3枚をプレゼントする。手ぬぐいは広尾の名物、特産品などを並べた楽しいデザイン。

 磯野さんは「利用状況をみて、もう1コース設定したい。QRコードは観光情報の発信ツールとして他の用途も考える」と話している。

 マップは町観光協会、サンタの家、菊地ファームで配布している。スタンプラリー賞品(数量限定)の受け取りも同所。詳しくは専用サイトで。問い合わせは町観光協会(町水産商工観光課、01558・2・0177)へ。

サンタの家などで配布しているフットパスのマップ(野塚エリアのコース)

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス