北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

移動式モール足湯や子ども用地域通貨…TIP10事業計画発表【十勝】

 新たな事業創発に取り組む起業塾「とかち・イノベーションプログラム(TIP)2023」の事業化支援セッション(最終回)が22日、帯広市内のインザスイートで開かれた。移動式モール温泉足湯ビジネスや、子どもを主役にした地域通貨の創設といったユニークな10事業計画が発表された。

事業構想を発表したTIP参加者と関係者

 起業家候補らが革新者(講師)や参加者同士で刺激を受け、チームで新事業を創発するプログラム。帯広信用金庫(高橋常夫理事長)主催、帯広市など管内全19市町村の共催、野村総合研究所(東京)が協力。今回で9回目。これまでに64構想が事業化され、「馬車BAR」などが誕生した。今期は58人が参加し、7月から14回のセッションを終えた。

 移動式モール温泉足湯事業は、ふく井ホテル(帯広)に勤務する小松勇斗さんを中心としたチームで、すでに専用おけを導入し、中心部イベント「広小路マーケット」で実証。観光や健康、スポーツの会場や施設などでの需要を見込んでおり、今後は車に装置を付けたキャラバンも検討する。小松さんは「足湯列車の企画もやってみたい。『モールバレー』形成を目指す。イベントにぜひ呼んでほしい」とアピールした。

 また、3人の子の母で、市民団体「ナチュラル輪おびひろ」の代表でもある中山三香さんが中核のチーム「NUOK」は、子どもが加盟店の手伝いなどをすると地域通貨を発行し、加盟店でも買い物できる事業を計画。12月10日に試験イベントを開催予定。「子どもが学校以外のつながりをつくり、自己肯定感の向上につなげたい」とした。

 民営での移住支援や、全19市町村の絵本を作りイベントも行う「絵本の国」事業、熱気球のプライベート搭乗体験プランや宿泊施設を備えた拠点整備の構想なども発表された。

 冒頭、高橋理事長が「TIPから十勝の看板に発展した事業もある。経営者の卵を中長期視点で地域を挙げて応援し、形にすることがミッション」とあいさつし、発表を見守った。最後まで聴講した米沢則寿帯広市長が10構想すべてを講評した。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス