北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

札幌の人気店「GARAKU」カレー 町学校給食に【本別】

 本別町学校給食共同調理場は、札幌の人気スープカレー店「GARAKU(ガラク)」と連携した給食を22日に提供する。キーマカレーや野菜のマリネなど地場産品を使った4品。町内の農業者が両者を結び付けて実現した。同調理場と民間とのコラボ給食は初とみられ、副主査の山川司さんは「垣根を越えた取り組み。給食でも町おこしができる。今後も続けたい」と話す。当日はガラクのスタッフが本別で調理する。

札幌の人気スープカレー店とコラボした給食を提供する山川さん(左)。右は間を取り持った盛さん

 本別では毎年「食べて学ぶふるさと給食」と称し、町産食材を最大限に活用した給食を保育園児から高校生まで提供。地場の農畜産物や地元加工食品への理解を深めることなどを目的に実施してきた。同時に、同給食の目的を小学生の保護者にも知ってもらおうと「親子ふれあい給食」も開催していたが、コロナ禍で中止が続いていた。4年ぶりの同時開催となる。

 ガラク(福生雅寿社長)は2007年に開業し札幌や千歳、東京、バンコク(タイ)などに店舗を構える人気店。昨年にはルーカレーの専門店も開店している。

 本別町と結び付けたのは町内の前田牧場で働く盛政雄さん。以前札幌に住んでいた際の常連客で、本別に移住後も、18年に町農協青年部が生産したヤーコン、キクイモとアピオスの「世界三大健康野菜」をガラクに提供して期間限定カレーに。町内の井出農場が生産するジャガイモ「レッドムーン」のブランド「イデレッド」も売り込み、21年からサイドメニューに使われている。

 今回はガラクが食育に関心を持っていると知り、山川さんに話を持ちかけた。「自分は両者の間を取り持っただけ。子どもたちが有名店の作ったキーマカレーを食べていろいろと感じてもらえればうれしい」と喜ぶ。

 当日のメニューは、「本別産はるきらりのフォカッチャ」「GARAKU元気ーマカレー」「ほんべつ野菜のマリネ」「餡人(あんにん)豆腐」。フォカッチャは町内の前田農産食品の小麦粉を、キーマカレーにはふぁーむ・おがわの豚肉や、若木農場・川上農場のタマネギ、JA本別町で加工している大豆ミートなどを使用。戸田農場の紫タマネギなど色鮮やかなマリネに、デザートは同JAの高級大納言小豆を使ったあんこ「まれ」と、三井極農場の甘みのあるニンジンのアロマレッドを使う。約650食を準備する予定。

 山川さんは「肉や野菜から命をもらっているだけでなく、生産に関わる人たちも時間と命を削って取り組んでいる。子どもたちはそのことを知った上で『いただきます』と言ってもらえたら。その後は食事を楽しんでほしい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス