北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「縄文ライナー」概ね好評 観光バス実証実験 解説の満足度高く【函館】

垣ノ島遺跡を見学する縄文ライナー利用者(16日)

 函館市は、世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産、垣ノ島、大船の両遺跡などを半日間で見学する観光バス「はこだて縄文ライナー」の実証実験を行っている。8月11日から週末を中心に運行し、16日までに全12回のうち7回が終了。観光客の利用比率が高く、満足度も高いツアーとなっている。

 市中心部からのアクセス向上と新たな着地型観光メニューの創設、南茅部地区の振興につなげる取り組みで、半日間で効率よく巡るコースを設定した。

 バスは午前8時20~40分に函館駅前など市内3カ所から乗車可能。同センターと垣ノ島、大船両遺跡を解説付きで巡り、地域の飲食店(選択制、参加店は催行日によって異なる)で昼食。コンブ製品を扱う南かやべ漁協直販加工センターに立ち寄り、午後2時ごろに函館駅に着く。

 16日は17人が参加。同センター前で降車後、垣ノ島遺跡を紹介した道南歴史文化振興財団職員の佐藤雅俊さん(65)は縄文人の死生観や食生活などに触れ、太古の世界へと誘導。「盛り土遺構は国内最大の縄文遺構。食べたものを自然へと還し、命の再生を願った場所」と話し、〝パワースポット〟として人気があることも紹介した。

 また、9日までの前半6回分のアンケートでは計61人が乗車。居住地は関東29人を含む道外が35人、市内17人、道内9人で、48人が縄文遺跡群を初めて訪れた。同センターの評価は「非常に満足」36人、「満足」24人。垣ノ島、大船両遺跡も「非常に満足」37人、満足20人と好評価だった。感想では、解説に対する満足度は高いが、見学時間にゆとりがほしいとする意見も目立った。レンタカーで向かう予定を変更した人もいて、バスツアーの潜在需要もうかがえる。

 市南茅部支所産業建設課の長谷山裕一課長は「事前PRが不足していたにもかかわらず、ターゲットとした市外の人に届いており、多くの人に利用いただいている」と話している。

 残る運行日は23、30日、10月1、7、8日。1人5000円(見学料、昼食代込み、コンブ製品付き)。前日までの予約か空席があれば当日の乗車も可能。問い合わせ、予約は函館バス(0138・22・3265)へ。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス