北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

約9㍍の屏風絵や日本画など 画家・水野剛志さん 「消えゆく山の記憶」【様似】

様似町で日本画展を開いている水野さん(右)

【様似】町教委と町アポイ岳ジオパーク推進協議会主催の水野剛志日本画展「消えゆく山の記憶」が、16日から町中央公民館で始まった。入場無料、24日まで。

 空知管内三笠市在住の水野さん(46)は高校の美術の非常勤講師をしながら活動する日本画家。現在、地球温暖化で高山植物が消えていく恐れがあると言われ、「未来のために温暖化を止めたい」「日本画作品として未来に残したい」「希少な高山植物を愛し大切に守り続けている人たちに届けたい」との思いから、今回の個展では制作期間2年を費やした約9㍍のアポイ岳の屏風絵、高山植物の日本画37点、スケッチ42点を展示。様似町での個展は2019年以来4年ぶり3回目となる。

 会場では約6年間、アポイ岳や道内各地の山を登って写真に収めた高山植物「ヒダカソウ」や「アポイアズマギク」「ミヤマウズラ」「アポイクワガタ」などアポイ岳のほか、礼文岳の「レブンコザクラ」、夕張岳の「ユウバリソウ」などのスケッチを並べ、そのスケッチをもとに描いた日本画を展示。半分以上がアポイ岳のもの。中にはベルベット生地を背景に置き、より日本画の背景が引き立たせながら作品一つひとつを枠に入れて、高山植物を保護しているイメージを出した工夫もされた作品16点もある。

 高山植物の魅力について水野さんは「登山しないと見れない。小さくて素朴なもので、ここでしか見れないのに、さらになかなか見つけづらい種もあって、その特別感が好き」と話し、「これだけの量の高山植物を描いている人は少ない。作品として見る機会もあまり無いと思うので、ぜひ多くの人に見てもらいたい」と来場をPRした。

 作品の一部は販売も行っている。購入希望者は会場入り口の受け付けか町教委、または土・日に在廊している水野さんへ。詳しくは会場の価格表を参考。展示が終わり次第受け取ることができる。

 24日まで。時間は午前9時~午後5時(最終日は午後3時)まで。月曜日休館。

関連記事

日高報知新聞

より良い町を考える 平取町小学生議会 10人が身近な課題を質問【平取】

【平取】町教委主催の平取町小学生議会が8日、町役場議事堂で行われ、町内5校の6年生から選ばれた10人の“議員”が身近な町の課題を質問した。  昨年に続き3回目の開催。  開会で松田拓美教育長は...

日高報知新聞

町内外から1万6千人来場 第28回にいかっぷふるさと祭り【新冠】

【新冠】新冠の夏のイベント「第28回にいかっぷふるさと祭り」(実行委主催)が13、14日の両日、旧JR新冠駅前広場周辺をメイン会場に開かれ、町内外から2日間で1万6千人が来場してみこし本練りや歌謡シ...

釧路新聞

「恋問海岸」演歌に 山口ひろみさん新曲披露【白糠】

 【白糠】演歌の大御所``サブちゃん、、こと、北島三郎さんの最後のまな弟子、山口ひろみさんが白糠町のロマンチックな観光スポット「恋問海岸」を歌った新曲を17日、テイチクレコードから発売。これを記念して...

釧路新聞

地域の魅力 ユーチューブで 「釧路のずんだもん」チャンネル1万人突破【釧路..

 ユーチューブで釧路をテーマに情報発信している「マルピギア釧路のずんだもん」チャンネルが6月末、登録者1万人を突破した。全チャンネルの上位3%ともいわれる難関で、チャンネルを企画運営する白糠町在住...

苫小牧民報

アイヌ文化体験ブース開設 20、21日、ポロトミンタラフェス 白老

白老町は20、21両日の午前10時~午後3時、「しらおいポロトミンタラフェスティバル2024」を町若草町のJR白老駅北観光インフォメーションセンター(ポロトミンタラ)で開く。アイヌ文化クイズ大会や...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス