北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

うま味たっぷり「鮭節たらこ・明太子」 地方卸売市場が商品化【帯広】

 帯広地方卸売市場(高嶋昌宏社長)は、帯広物産協会(小倉豊会長)や釧路管内白糠町の食品加工会社「東和食品」などと組み、鮭(さけ)節を使用した新商品「鮭節たらこ・明太子」を開発した。帯広物産協会が事務局を担う「北海道フードネットワークプロジェクト」の一環で、同プロジェクトが十勝と十勝以外との企業間連携で誕生させた商品の第1弾となる。

帯広地方卸売市場や帯広物産協会などが初めて管外企業と連携して開発した「鮭節たらこ・明太子」

 同プロジェクトではこれまで、管内企業が食品の製造を担い、ハピオの人気中華まんにJA足寄の「チーズ結」をコラボさせた「ハピまんチーズ結」や、JA本別の大豆を使った「結きなこ」など、JAや企業間連携による商品を数多く手がけてきた。

 今回は白糠町の「東和食品」が製造を担った。鮭節(サケをかつお節のように加工したもの)に使うのは、道東産の産卵済みのサケ。十勝にも鮭節はあるが、量に限りがあるため道東産を使用した。

 かつお節に比べ、うま味成分が多く、産卵済みのため油分や魚臭さが少なくてバランスの良いのが特徴。卸売市場は「たらこの味や食感を引き立てる」と話す。たらこは卸売市場の職員の目利きで選ぶ。「安いたらこには粒がつぶれてしまったものが多い。プリプリとした食感が楽しめる、品質の良いたらこを選んでいる」と胸を張る。

 橋渡し役でもある同協会の木戸善範事務局長は「農産品や水産品など、道内各地と得意分野で補い合いながら新商品を作っていきたい」と、広域連携を今後も続けていきたい意向を示した。

 価格は鮭節たらこ(80グラム×2パック)、鮭節明太子(80グラム×2パック)の4パックが入って3980円(税込み)。同市場食品関連センター(市西21北1)、十勝物産センター(市西2南12)、帯広市場直営一鱗藤丸店(市西2南8)の3カ所で、5日から販売がスタートした。

関連記事

十勝毎日新聞

SL風キッチンバス登場 堀部産業「から揚げ」販売へ【幕別】

 堀部産業(幕別町忠類、堀部好隆社長)が、マイクロバスをSL機関車風に改装したユニークなキッチンバスを導入した。10月1日からテキサス本店(帯広市西20南2)前を拠点に営業を開始し、車内で調理...

十勝毎日新聞

新そば堪能 3年ぶり祭り【新得】

 新得町の秋の味覚を味わう第19回しんとく新そば祭り(実行委主催)が25日、町保健福祉センターなごみ前駐車場で開かれた。コロナ禍で3年ぶりの開催。感染拡大防止のため、時間帯別に入場者数に定員を設...

十勝毎日新聞

沖縄グルメ 藤丸に一堂 27日まで「うまいもの」第2弾【帯広】

 国内の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」の第2弾が22日、藤丸7階催し物会場で始まった。第2弾は「沖縄本土復帰50周年祭」と銘打ち、沖縄を中心に全国の特産品が並び、来場者が買い物を楽し...

十勝毎日新聞

鹿追町長チョウザメ食べてPR 北の屋台でフェア【帯広】

 高級食材「キャビア」で有名なチョウザメの身を味わう「蝶鮫祭(チョウザメフェア)」が、帯広市内の北の屋台(杉山輝子理事長、全20店)で行われている。10月1日まで。  フェアは今回が初開催。北...

十勝毎日新聞

「うまいもの」求め行列 全国45店20日まで 藤丸【帯広】

 全国各地の秋の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」が15日、帯広市内の藤丸7階催し物会場で開幕した。各地の名産を求める多くの買い物客でにぎわっている。20日まで。  全国23都道府県...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス