北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

無農薬ワイン 今年も完成 「赤」2種新登場 あいざわ農園【帯広】

 あいざわ農園合同会社(帯広市以平町西9線21、相澤一郎代表)は、自社農園で無農薬栽培した2021年産ブドウを使って自家醸造したワインをこのほど完成させた。今年は新たに赤ワイン2種が加わり、ロゼワインなど5種を商品化。7月2日に本社内の相澤ワイナリーで販売会を開く。

ラベル貼りなどを終え、販売を待つ商品を見つめる相澤代表

 あいざわ農園は、一郎氏の父で市内で不動産業を営む龍也氏が、現在地などで約20年前から無農薬でブドウを栽培。15年からは一郎氏が中心に手掛け、19年に十勝管内では56年ぶりにワインの醸造免許を取得し、同所にワイナリーを整備した。ブドウ畑は大樹町内なども含め5.5ヘクタール。

 今年は醸造3年目。これまでのロゼワイン「龍之介」(750ミリリットル3630円)と「サチロゼ」(同3410円)、微発泡ワイン「A-danza Frizzante(アーダンツァ・フリッツアンテ)」(同3190円)に、今回、赤ワインの「きよまいトノト」(同3960円)と「sachirera(サチレラ)」(同5500円)が加わった。

 野生酵母で発酵し、無ろ過・無清澄でびん詰めしているのは共通だが、熟成法に違いがある。また、ロゼ2種とサチレラは山幸100%、微発泡は清舞51%に清見と山幸をブレンド、きよまいは清舞を使用した。

 販売会は午前10時~正午、計約3000本を数量限定で販売する。相澤代表は「原材料などの高騰で昨年より多少値上げしたが、無農薬ワインは手間や希少性を考えると価値がある」とPR。問い合わせは同農園(0155・63・7723)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

十勝毎日新聞

南商“甲子園”に手応え 勝負メニュー福原で限定販売【帯広】

 食品スーパー・福原(帯広市、福原郁治社長)の市内3店舗で5日限定で、27日に東京都内で開かれる「第11回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝で帯広南商業高校クッキング部が勝負するメニュー「わやう...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス