北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

北方領土問題に理解深める【浦河】

 浦河消費者協会(小林美代子会長)の勉強会が26日、町総合文化会館で開かれ、会員14人が2月7日の「北方領土の日」に伴い、北方領土の歴史などの勉強や、臨床美術のプログラム体験を行った。

 午前は文化会館地階ミニシアターで「北方領土の日」特別啓発セミナーとして、浦河商工会議所内にある北方領土復帰期成同盟日高地方支部の徳田正人事務局長が講演。

 その中で8月の「北方領土返還要求強調月間」ができたあらましや、し、北方領土問題に対する国民の関心と理解をさらに深めるために、国が毎年2月7日を「北方領土の日」に定めた理由を紹介すると「北方領土を忘れないで」と強調した。

 また過去の新聞記事で、択捉島出身の男性が1945年(昭和20年)7月14、15日の根室空襲で択捉島に戻るために乗っていた「浦河丸」が米軍機の攻撃を受け沈没し、父親を失った記事を取り上げ、浦河丸は函館―浦河間の航路に関係していたか、あるいは浦河出身の出資者、大株主に敬意を表して命名されたのかもしれない―と説を話した。

 最後に札幌近郊の高校放送局に所属する高校生8人が、元島民やロシア人の島民に取材・製作した番組「その海の向こうに~私たちが録った北方四島~」のDVD上映。参加者たちは映像に見入った。

 午後からは姉茶在住の臨床美術士、田中郁子さんを講師に臨床美術プログラム「満開の桜の大木~屏風仕立て~」の体験を行い、参加者14人それぞれが世界に一つだけのサクラの大木を完成させた。

徳田事務局長(右)の講 話に耳を傾ける参加者

世界に一つだけのサク ラの大木が完成

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス