北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

燃焼灰を肥料に 年間5000トン販売目指す 日本製紙勇払バイオマス発電所

日本製紙(東京)は、苫小牧市勇払の「勇払バイオマス発電所」で発生する燃焼灰由来の肥料を、1月から本格的に販売している。これまで産業廃棄物だった焼却灰の有効活用で、年間5000トンの供給を想定。農林水産省運営の「国内肥料資源マッチングサイト」を活用し、販売網の開拓を目指している。

肥料として販売しているバイオマス燃焼灰(提供)

 同発電所は木質材のみを燃料に使うバイオマス発電所としては国内最大級で、昨年2月から営業運転している。発電で燃やした木質チップやパームヤシ殻、未利用木材から発生する焼却灰は、カリウムや窒素、リン酸など、農作物の成長に欠かせない肥料成分が含まれている。日本ではこれら肥料成分の多くを輸入に頼っており、国産資源の安定供給に期待は大きい。

 同社は2016年に焼却灰の有効利用について検討を始め、18年から熊本県八代市の八代工場バイオマス発電所で、発生する灰の一部を特殊肥料として販売。実験的な取り組みだったが好調で、ロシアのウクライナ侵攻により肥料価格が高騰している現状も踏まえ、勇払でも本格的に取り組むことになった。

 焼却灰はマッチングサイトを通じ、肥料のメーカーや利用者などに供給。そのままでも肥料として使えるほか、灰を原料とした肥料製品にもできる。同発電所から排出される焼却灰のうち、約6割に当たる年5000トンを販売する計画で、価格は1キロ当たり50~200円。同社は「『木とともに未来を拓く』のスローガンに基づき、資源の有効活用をいっそう進めたい」と話している。

 勇払バイオマス発電所は、20年1月で洋紙生産を停止した旧勇払事業所に代わる事業。出力は7万4950キロワットで、約16万世帯分の年間電力消費量を発電し、所内の使用分を除いた全量を北海道電力ネットワークに売電している。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス