北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

土曜開館、来月も 北大苫小牧研究林の資料館と記念館

夏期の開館日を毎週土曜に拡大し、冬期の11月も初めて開館した北大苫小牧研究林(苫小牧市高丘)の森林資料館・記念館は、12月も毎週土曜の開館(30日を除く)を継続することを決めた。3月に実施したクラウドファンディングで両館にスタッフの常駐が可能となり、資料館では同大大学院博士後期課程1年の髙木惇司さん(26)が7月から月2回、研究の傍ら案内スタッフを務めている。

森林資料館で案内スタッフを務める髙木さん

 髙木さんは神奈川県出身。北大への進学で北海道暮らしを始め、現在は苫小牧在住。専門は生態学で、研究者としては同研究林をフィールドに、シカの死骸が土壌の微生物や昆虫に与える影響の調査、分析に励む。すでに持つ学芸員の資格と昆虫の知識は解説にも役立っている。将来は学芸員として働く道も考えており、「いい経験になっている」とやりがいを語る。

 資料館はクマの毛皮など手で触れられる標本を増やし、鳥の剝製にはシールの数や色で希少性や特色を示すなど展示方法の改善に努めており、髙木さんも館内すべてで写真撮影が可能なことや、人気の高い触れる標本の案内を作り、掲示した。「こんなにすごい資料があるなんて知らなかったと言ってくれる人もいる」と笑顔を見せる。

 解説文の更新が必要なケースもある。例えばエゾシカの剝製に「明治初期までは数多くが生息しており、(中略)その後姿を消したまま現在は見られない」との記述が残っており、増えすぎたシカが市街地に出没する現状とは大きく異なる。髙木さんは「時代の変化も考慮しながら、さらに充実させていきたい」と話している。

 両館の開館時間は午前9時~午後3時半、入場無料。開館日・時間は来館者の状況によって変更する場合がある。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス