北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

知内涌元沖で1年熟成のウイスキー水揚げ 返礼品で人気【知内】

 

涌元沖で1年間熟成させた酒のケースを前にボトルを持つ本間社長

【知内】町涌元沖の海底で約1年間熟成させたウイスキーなどの酒類が27日、引き揚げられた。北海道海洋熟成(札幌、本間一慶社長)の取り組みで、大半は特産の生ガキに合う酒として人気を集める、町のふるさと納税の返礼品に活用される。

 札幌でバーを経営する本間社長(45)が、2015年から海洋熟成の試験を行い、20年に同社を設立した。海外の沈没船から酒が引き揚げられたという話題に関心を持ったのがきっかけだという。波が与える振動が味に影響し、4カ月ほどで変化が生まれ、1年ほどで味覚のプロでなくても分かるほどの違いが生まれるという。現在は近隣の木古内町沖を含め、道内10カ所の海域で事業展開し、科学的な成分分析も行い、裏付けのある付加価値を生み出している。

 知内では、上磯郡漁協の協力を得て21年度から取り組み、水深約25メートルの海底の漁礁にくくりつけて熟成。知内の返礼品は生ガキに合うようウイスキーではスモーキーな味の銘柄が中心で、本間社長は「海洋熟成によってアルコールの揮発が抑えられたり、煙味やうまみが分かりやすくなったりする。海域の海産物との相性も高まる」と話す。

 今回は昨年沈めた5ユニット(1ユニット60本)分の返礼品のウイスキー、シャンパンのほか、引き揚げた中には道南産のワイン、日本酒も含まれる。瓶は洗浄後に乾燥させ、返礼品分は順次、発送となる。来年発送分の酒類は近くの海域で既に熟成を開始している。

 同社は近く、海域の水温や塩分濃度を調べたり、波の速度を測る加速度センサーなどが付いた機器を設置する実証試験を始める。本間社長は「自然の力を科学的に読み解き、趣味、嗜好(しこう)ではない納得のいく味の根拠を示したい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス