北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

札幌学院大が学術講演会 音楽の魅力語り演奏  白老

札幌学院大学学術講演会「講演と音楽の夕べ」が18日、しらおい創造空間「蔵」で開かれた。同大人文学部の枡谷隆男教授が「音楽の起源を訪ねて」と題して講演したほか、海洋ごみを用いて制作した楽器で演奏する「ゴミンゾク」が道内初公演し、町民約60人が楽しんだ。

自身で集めた世界各地の伝統楽器を演奏しながら参加者の質問などに応じる枡谷教授(中央)

 同大は道内各地で毎年同講演会を開いており、今年は大塩英男町長の母校という縁もあって白老町での初開催に至った。事業に協力した町地域おこし協力隊員の山岸奈津子さん(43)も卒業生。

 講演で桝谷教授は、動物の鳴き声を模した楽器や狩猟具を紹介したり、自身の歌声を披露したりしながら音楽に備わる躍動感について語った。自身が研究分野とする音楽考古学については「地質の中で見つかる遺物や遺構に描かれた壁画から、音楽の起源や音楽が表現する本当の意味を探る学問」と解説し、魅力を伝えた。また、会場の一角に設けられた楽器コレクションの展示コーナーでは、自ら手に取り演奏して見せた。

 男女5人組のアート集団「ゴミンゾク」は、ペットボトルなどのプラスチック容器、流木、漂着ブイなどを使って作った打楽器や弦楽器を手に登場。モンゴルや中南米の民族音楽を奏で、喝采を受けた。

 桝谷教授やゴミンゾクのメンバーは19日、山岸さんの案内で町内の海岸などを散策。波が寄せる音や生き物の鳴き声を通じ、白老の魅力に触れた。

関連記事

苫小牧民報

厚真で田植え 日ハム北海道応援 プロジェクト

プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズは19日、厚真町幌内の高橋農園で「ふぁい田! 北海道応援プロジェクト」の田植えを行った。町内や札幌市、苫小牧市などから30人が参加し、酒造好適米「彗星...

苫小牧民報

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

エゾタヌキグッズ好評 写真集50冊、ガチャ270個超 おびひろ動物園【帯..

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、稲葉利行園長)で飼育しているエゾタヌキを題材にしたグッズが好評だ。初の試みとして制作した写真集は、先月27日の夏季開園から1カ月足らずで50冊以上売れている。園内...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス