北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

お菓子ゲット…電信通りハロウィーン開催中【帯広】

イベントをPRする長谷理事長(左)とダネジ実行委員長

 帯広電信通り商店街(長谷渉理事長)の秋の一大イベント「2023電信通りHalloween」(実行委主催)が同商店街で開かれている。通りには人気キャラクターが描かれたカボチャやガイコツなどの装飾が並び、ハロウィーンの雰囲気を盛り上げている。31日まで。

 2017年に始まり、今年で7回目。商店街に飾られるカボチャは帯広ケア・センターが収穫したもので、約200個が並ぶ。

 28日午後1時半からは仮装パレードを開催。毎年大勢の子どもが参加する恒例行事で、昨年は約400人が参加した。参加希望者は同商店街の観光案内所「イランカラプテ」に仮装して集合。商店街の参加店を巡り、スタンプを5個集めると菓子などの景品がもらえる。駐車場は帯廣神社表参道参拝者駐車場を利用できる。実行委員長のブルーノ・ダネジさん(ホッチーノコーヒー店長)は「今年はマスク着用の規制がないので、仮装を思いっきり楽しんでほしい」と参加を呼び掛けている。

 同日は特別企画イベントとして「開拓の祖をさがそう!」も開催。同商店街が今年度取り組んでいる「フォトストリート」事業の一環。同商店街に設置された写真パネルやフラッグに写っている依田勉三を数え、問題に正解すると商店街各店で使える100円分の商品券が当たる。長谷理事長は「ハロウィーンのイベントと合わせ、楽しみながら次世代の子どもたちに勉三さんを少しでも知ってもらえたら」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

2000個の明かり「ピラ・リ」照らす つなぐランタン【幕別】

 幕別町民が作るランタン2000個が並ぶ「2024 MAKUBETSU TSUNAGU LANTERN(幕別つなぐランタン)」が24日、町内の明野ケ丘公園などを会場に開かれた。優しい明かりが同町...

十勝毎日新聞

トレンドアイテム品定め 初の「かちコレ」開幕【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(十勝毎日新聞社主催)が24日、帯広市内のベルクラシック帯広(西2南35)で始まった。管内の衣料品店6店と美容品メーカーなど4店が春の...

室蘭民報

レゴで未来のまち作り ヌプで24..

「登別温泉大きく」 子どもたち楽しむ  登別港町の市観光交流センター・ヌプルで23日「出張ブリックラボ!ブロックで登別を作ろう」が開かれ、参加者がブロック玩具「レゴ」で未来の登別のまち並み作りに...

室蘭民報

ナイスバッティング! 住まいのウチイケ杯ティーボール大会【室蘭】

 バッティングティーの上に置いたボールを打つティーボールの大会「2023年度第6回住まいのウチイケ杯」が18日、室蘭市石川町のげんき館ペトトルであった。選手たちは、観客からの声援を受けながら、元...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス