北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

はみ出す高級肉サンド エレゾと満寿屋コラボ【帯広】

「コラボで十勝の食文化を探求したい」と意気込む佐々木社長(左)と杉山社長

 食肉生産・加工のELEZO(豊頃、佐々木章太社長)とパン製造・販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)が、十勝産食材を使ったサンドイッチを開発し、11月4、5の両日、麦音(帯広市稲田町南8線)でのイベント限定で販売する。

 両社のコラボは初。生産過程にこだわった肉と、十勝産小麦で作るパンを組み合わせることで、十勝の食文化の可能性をPRすることが狙い。

 具材は、(1)放牧豚のローストハム(2)短角牛の生ハム(3)エゾシカのテリーヌの3種類。ELEZOが生産・狩猟したもので、ゆっくりと育成・熟成させることで素材の持つ自然な風味を引き出しているという。バゲットは麦音で通常販売するものより水分を少なく調整しており、歯切れが良く、小麦の香りを楽しめる。

 食材が希少で価格も高いことから、メニューはイベント限定で販売。当日販売は各日10食ずつ(1800円)。予約は各日25食ずつ(1600円)で、20日から麦音で受け付ける。イベントは両日午後1時からで、社長2人のトークショーを行う。

 両社が16日に発表した。佐々木社長は「料理の背景にある思いや技術を伝えたい」、杉山社長は「食材の価値を最大限生かし、十勝の食文化を高めていきたい」と話した。

関連記事

室蘭民報

「究極のマルゲリータ」「手作りバウムクーヘン」販売開始 のぼりべつブラン..

 登別中央ショッピングセンターアーニス(中央町)の「のぼりべつブランドショップ」は2月28日、先ごろ新たに市推奨品に認定された「究極のマルゲリータ」(ASTRA合同会社)と「手作りバウムクーヘン...

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス