北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

こつこつ音訳、校正 視覚障害者の「目」に 青い鳥朗読奉仕団の4人受賞【函館】

今年の朗読奉仕者の賞を受賞した(左から)佐藤さん、坂下さん、加藤さん、後藤さん

 視覚障害者のために録音図書を作る、函館市のボランティア団体「青い鳥朗読奉仕団」(黒丸義子代表)のメンバー、加藤とよ実さん(73)が今年の朗読奉仕者の全国表彰を受賞した。同団体からほかに北海道地区表彰に2人、奨励賞に1人が選ばれた。視覚障害者の目の代わりとなってこつこつと音訳や校正を続けたことが認められた。4人は「利用者のためだけを考えて続けてきた結果。大変なことも多いが、賞は励みになる」と喜んでいる。

 鉄道弘済会(東京)と日本盲人福祉委員会(同)の主催で、今回で53回目。朗読録音と校正、DAISY編集の各分野で表彰している。

 北海道地区表彰を受賞したのは後藤邦子さん(73、朗読録音)と坂下由美子さん(73、校正)。活動を始めて5年以内の人に贈られる奨励賞は佐藤健さん(62)が受賞した。

 奉仕団のメンバーが全国表彰を受賞するのは7年ぶり。加藤さんは1999年に活動を開始した。初代の代表の新聞記事を見て、活動に興味を持ったのがきっかけ。現在は函館視覚障害者福祉協議会の事務局で働く傍ら、ボランティアを続けている。

 「音訳は感情を込めず、淡々と読むことが基本。年齢を重ねて声が出にくくなったが、声を維持しながら活動を続けていきたい」と気持ちを新たにする。

 後藤さんと坂下さんは2007年に奉仕団に入った〝同期〟。2人とも本を読むのが好きで、人の役に立ちたいという思いが原動力だ。後藤さんは「グラフや表の内容も表現しなければならないのが苦労するところだが、上手にできると自信になる」と語る。坂下さんは「間違わないことを常に心掛けている。読むときは、利用者が分かりやすいかどうかだけを考えている」と力を込める。

 函館どつくに勤務する佐藤さんは、19年に奉仕団の活動に飛び込んだ。「還暦を前に何か新しいことを始めようと思ったのがきっかけだった」と話す。「奨励賞はこれからもやめないで続けろと言われているよう。長くボランティアを続けていきたい」と意欲満々だ。

 黒丸代表(69)は「4人とも頑張っているので受賞はとてもうれしい」と喜ぶ。メンバーの高齢化が進んでいることを課題に挙げ、「若い人にも活動に興味を持ってもらえれば」と話している。

 贈呈式は、地区表彰と奨励賞が9月7日に札幌で、全国表彰が同28日に東京で開かれる。

関連記事

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス