北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「赤福氷」1000食を初販売・27日「なよろ産業まつり」開催【名寄】

多くの来場を呼び掛けるポスター

 「第45回なよろ産業まつり~もち米日本一フェスタ~」が、27日午前9時半からなよろ健康の森で開かれる。恒例となっている地元産の野菜や伊勢名物「赤福」の他、「赤福氷」も数量限定で初販売される予定で、多くの来場を呼び掛けている。

 同実行委員会(委員長・加藤剛士市長)の主催。今回はコロナ規制を全面解除し、4年ぶりにフルスペックの内容で開催する。

 当日は午前9時半からの開会式と1回目の餅まき。同10時からは、第15代目の「もち大使」を決める「もちつきチャンピオン決定戦」。北鼓童なよろとひまわりちびっこ隊によるよさこい踊り、バンド演奏などのステージ発表も行い、会場を盛り上げる。

 また、一般来場者参加型の企画では、同11時から住友ゴム工業(ダンロップ)主催の賞品が当たる「ダンロップクイズ」。名寄の農畜産物に関するクイズを出題し、正解数が多かった上位者に農畜産物をプレゼントする道北なよろ農協青年部の「アグリクイズinなよろ」を午後1時20分から行う。

 同2時から2回目の餅まきなどを行って閉会する。餅まきは両回とも当たり付きで、当たり札の入った餅を手にすると、名寄産農産物や会場内で利用できる商品券などと交換できる。

 会場内には、毎回人気を集めている名寄産の新鮮農産物や「赤福」(1000箱)、牛乳、牛肉、豚肉などの販売ブースを設ける。また、伊勢名物の抹茶蜜がかかった餅とあんが入ったかき氷「赤福氷」が、道内でも初めて販売(1000食限定)する。

 森林ブースには木工製品や林業機械展示、木工体験のトントンコーナー。「ちびっこ広場」には子ども縁日コーナーや、前回多くの子どもに人気だったミニショベル体験コーナーも設ける。

 同実行委員会は「駐車場が混雑するため、無料シャトルバスも用意するので利用していただき、多くの来場者に楽しんでいただきたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

2000個の明かり「ピラ・リ」照らす つなぐランタン【幕別】

 幕別町民が作るランタン2000個が並ぶ「2024 MAKUBETSU TSUNAGU LANTERN(幕別つなぐランタン)」が24日、町内の明野ケ丘公園などを会場に開かれた。優しい明かりが同町...

十勝毎日新聞

トレンドアイテム品定め 初の「かちコレ」開幕【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(十勝毎日新聞社主催)が24日、帯広市内のベルクラシック帯広(西2南35)で始まった。管内の衣料品店6店と美容品メーカーなど4店が春の...

室蘭民報

レゴで未来のまち作り ヌプで24..

「登別温泉大きく」 子どもたち楽しむ  登別港町の市観光交流センター・ヌプルで23日「出張ブリックラボ!ブロックで登別を作ろう」が開かれ、参加者がブロック玩具「レゴ」で未来の登別のまち並み作りに...

室蘭民報

ナイスバッティング! 住まいのウチイケ杯ティーボール大会【室蘭】

 バッティングティーの上に置いたボールを打つティーボールの大会「2023年度第6回住まいのウチイケ杯」が18日、室蘭市石川町のげんき館ペトトルであった。選手たちは、観客からの声援を受けながら、元...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス