北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

躍動の演舞注目、6月7~11日に札幌で YOSAKOI胆振6チーム参加【室蘭】

渾身(こんしん)の演舞を披露した室蘭百花繚蘭(昨年)

 今年で32回目を迎えるYOSAKOIソーラン祭り(実行委員会主管)は、6月7日から5日間、札幌市中央区の大通公園をメイン会場に市内13会場で行われる。出場チームは約240チーム、うち胆振管内からは6チームが予定。昨年の祭りで準YOSAKOIソーラン大賞に輝いた室蘭百花繚蘭や、ジュニア大賞の栄誉を受けた「AJG KIDS」など室蘭勢が再び舞台に立ち、踊り子たちの躍動感あふれる演舞に期待が集まる。

 近年は新型コロナウイルスに翻弄された。2020年と21年の2年間は中止。22年の出場チームは19年比3割減の195チームにとどまり、踊り子はマスク着用で踊った。

 感染症法の見直しで、コロナの位置付けがインフルエンザと同じ「5類」に分類されたのを受け、今年はマスク不要にした。出場チームは昨年より2割増え、初出場は26チーム(道内17、道外9)の見通しだ。

 30年余の歴史を重ねてきた祭りは、さらなる発展に向けて今回から審査内容を見直す。従来の演舞に対する審査に加え、地域活動を評価する「地域貢献点」を新設。地域イベントでの演舞やボランティア活動など日頃の実績も点数に加味する。実行委員会は「地域に支えられて祭りが成長してきた。北海道の文化として地域と共に歩む祭りにしたい」と意気込む。

 大通公園西5、6丁目で道内外のグルメを味わえる「北のふーどパーク」を設け、メインステージの大通西8丁目会場のアリーナ席は、一部時間帯に限り無料開放する。

 胆振の参加はほか、室蘭ルネッサンス(室蘭市)、遖(同、登別市、千歳市)、「夜桜金魚とまこまいJAPAN with 風雪太鼓」(苫小牧市)、はるな座(安平町)。

 チケットを販売中。詳細は公式ホームページまたは電話011・231局4351番へ。

可憐(かれん)な演舞で観客を魅了した「AJG KIDS」(昨年)

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

2000個の明かり「ピラ・リ」照らす つなぐランタン【幕別】

 幕別町民が作るランタン2000個が並ぶ「2024 MAKUBETSU TSUNAGU LANTERN(幕別つなぐランタン)」が24日、町内の明野ケ丘公園などを会場に開かれた。優しい明かりが同町...

十勝毎日新聞

トレンドアイテム品定め 初の「かちコレ」開幕【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(十勝毎日新聞社主催)が24日、帯広市内のベルクラシック帯広(西2南35)で始まった。管内の衣料品店6店と美容品メーカーなど4店が春の...

室蘭民報

レゴで未来のまち作り ヌプで24..

「登別温泉大きく」 子どもたち楽しむ  登別港町の市観光交流センター・ヌプルで23日「出張ブリックラボ!ブロックで登別を作ろう」が開かれ、参加者がブロック玩具「レゴ」で未来の登別のまち並み作りに...

室蘭民報

ナイスバッティング! 住まいのウチイケ杯ティーボール大会【室蘭】

 バッティングティーの上に置いたボールを打つティーボールの大会「2023年度第6回住まいのウチイケ杯」が18日、室蘭市石川町のげんき館ペトトルであった。選手たちは、観客からの声援を受けながら、元...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス